宇宙空間での人体の反応は?
宇宙空間での人体の反応は? / Credit:Depositphotos
space

生身で宇宙空間に出たとき、人体はどれだけ耐えられるのか? (3/3)

2021.11.21 Sunday

What would happen to the human body in the vacuum of space? https://www.livescience.com/human-body-no-spacesuit

宇宙空間では凍死するまえに窒息と膨張で死んでしまう

宇宙空間で人間が死ぬ要因は、膨張だけではありません。

真空状態では肺から空気が抜けてしまうため、数分で窒息してしまうのです。

では、人間が宇宙空間で凍り付いて死ぬことはあるのでしょうか?

答えはNOです。

ほとんどの宇宙空間は-270℃なので、そこにさらされた人体は瞬時に凍るように思えます。

しかし実際には、体温がすぐに放出されることはありません

なぜなら、そもそも温度の変化とは、「熱を伝える」ことによって生じるからです。

真空では熱を伝える物質が存在しないため、地球上のように、人体の熱が他の物質(空気など)に伝わって失われていくことがないのです。

宇宙でも一瞬で人体が凍ることはない
宇宙でも一瞬で人体が凍ることはない / Credit:Depositphotos

とはいえ体内の水分の蒸発に伴って、人体から熱が奪われていくのは事実です。

水分量が多い口や鼻周りはうっすら凍るかもしれませんね。

しかし体の他の部分の蒸発量は少ないため、冷え方はゆっくりでしょう。

また、あらゆる物体は自身の熱を電磁波として放射し続けています。

人体も例外ではありませんが、この放射もゆっくりと起こるので、一瞬で体が凍ったり、体温低下ですぐに死んだりすることはありません。

さて、宇宙空間で人体がどうなるのか考えてきました。

人間の意識は10秒ほどで失われ、数分以内に酸素不足と膨張で死んでしまいます。

映画のように劇的ではありませんが、同様の作用がゆっくりと生じるのは確かなようです。

そして意識をすぐに失うことを考えると、「人間は一瞬たりとも真空にさらされるべきではない」のです。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!