かわいいイッカク
かわいいイッカク / credit: イラストAC
biology

2021.11.29 Monday

2021.11.27 Saturday

珍獣「イッカク」の正体とは? 角の使いみちに迫る (4/4)

前ページイッカクは対人ストレスで脳を損傷することもある

<

1

2

3

4

>

イッカクが見られる水族館

イッカクのイラスト
イッカクのイラスト / credit:いらすとや

ユニコーンのように幻想的な姿を持つイッカク、実物を見てみたいと思う方も多いでしょう。

しかし残念ながら日本の水族館では、イッカクは飼育されていません。それどころか世界中を探してもイッカクを飼育している水族館はありませんでした。

イッカクは北極の非常に冷たい海で生きているため、生育環境を再現するのが難しい上、角を含めると8mほどと非常に大きいため、飼育することは不可能なようです。

しかし実は、イッカクの角だけなら展示されている水族館が日本にもあります。

兵庫県の城崎マリンワールドで角の展示が行われているほか、三重県の鳥羽水族館ではイッカクの角に触れる機会もあるのだとか。イッカクは角だけでも大人の身長ほどの長さですから、なかなか迫力がありそうですね。

まとめ

いかがでしたか?イッカクの角が実は歯だったなんて驚きですよね。

角の使い道を含めて、まだまだその生態には謎が多いようです。

密猟や地球温暖化による人との関わりで、個体数が減っているとも言われるイッカク。人間の存在がこれ以上イッカクのストレスにならないよう保護していかなければなりません。

【編集注 2021.11.29 16:30】
記事内容に一部誤りがあったため、修正して再送しております。

<

1

2

3

4

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!