地球の周りにデブリによる環ができる?
地球の周りにデブリによる環ができる? / Credit: jp.depositphotos
space

スペースデブリで地球に土星のようなリングができてしまうかもしれない

2021.11.25 Thursday

Put a ring on it! Earth could have its own Saturn-like band due to the growing threat of ‘space junk,’ professor warns: But the expert hopes to use magnets at the end of a robotic arm to clean up low-Earth orbit https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-10234317/Earth-Saturn-like-band-growing-threat-space-junk-professor-warns.html?ns_mchannel=rss&ns_campaign=1490&ito=1490 Earth On Course To Have Its Own Rings Made Of Space Junk, Warns US Professor https://www.republicworld.com/technology-news/science/earth-on-course-to-have-its-own-rings-made-of-space-junk-warns-us-professor.html

ユタ大学(University of Utah・米)の機械工学教授であるジェイク・アボット(Jake Abbott)氏はこのほど、ソルトレイク・トリビューン(The Salt Lake Tribune)紙のインタビューで、「地球の周りに、土星の環のようなリングが形成される可能性がある」と述べました。

原因は、宇宙空間に漂う何億ものスペースデブリ(宇宙ごみ)であり、近年の宇宙開発にともない、ますます増加傾向にあります。

デブリはもの凄い速度で周回しており、有人ロケットに衝突する危険性があるため、非常に問題視されています。

デブリは「弾丸の7倍」のスピードで移動している

NASA(アメリカ航空宇宙局)の概算では、地球低軌道(LEO)に入るデブリのうち、ソフトボールより大きいものは少なくとも2万3000個あり、0.4インチから4インチ(約1〜10センチ)までのものは50万個あると推定されています。

ESA(欧州宇宙機関)はこれに対し、1センチ以下の小さなデブリは1億7000万個に達すると付け加えています。

現在は、LEOにある2万7000個以上のデブリが、アメリカ国防総省の宇宙監視ネットワークによって追跡されている状態です。

高度2000km以下の軌道を周回するデブリの分布
高度2000km以下の軌道を周回するデブリの分布 / Credit: ja.wikipedia

太陽系内で環を持つ惑星は、木星、土星、天王星、海王星の4つです。

このうち、木星、天王星、海王星の環は比較的薄く、主に塵でできています。

グリニッジ王立博物館(Royal Museums Greenwich・英)によると、木星の環は、周囲にある79個の衛星に衝突した多くの流星に由来するという。

一方、土星の環は、さまざまな大きさの氷と岩でできており、はっきりと目視できます。

専門家は、土星の環について、古い彗星や小惑星、衛星の残骸であると指摘します。

土星の環
土星の環 / Credit: ja.wikipedia

NASAによると、LEOは今や「世界最大のゴミ捨て場」となっており、これは非常に規模が大きいためデブリの除去には費用がかかるという。

LEOには、合計で6000トンものデブリが存在すると伝えられています。

デブリの多くは非常に高速(ものによっては弾丸の7倍の速度)で移動し、軌道上の小さな破片でも宇宙船に衝突したり、地上に落下したりすれば、甚大な被害を出す恐れがあります。

そこでアボット氏と研究チームは、LEOにあるデブリを安全かつ効率的に回収する方法を研究しています。

次ページ「トラクター・ビーム」でデブリを回収

<

1

2

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!