拷問果樹園
拷問果樹園 / Credit:Pat J. Brown(UC)_The ‘Torture Orchard’ Is a Testing Ground for the Coming Climate Crisis(2021)
plants

水を与えず、高塩分で育てる「拷問果樹園」の実態

2021.12.25 Saturday

The ‘Torture Orchard’ Is a Testing Ground for the Coming Climate Crisis https://www.atlasobscura.com/articles/breeding-trees-for-climate-change Torture orchard: Can science transform California crops to cope with drought? https://caes.ucdavis.edu/news/torture-orchard-can-science-transform-california-crops-cope-drought

2021年は、アメリカ・カリフォルニア州の農家にとって厳しい年でした。

州の90%近くの地域が極度の干ばつに見舞われたのです。

では、このような気候変動にどのように対処すべきでしょうか?

カリフォルニア大学デービス校(UC)ウォルフスキル実験果樹園では、干ばつに耐える植物を生み出すために過酷な実験が行われています。

いくつかの品種に対して、あえて水を与えなかったり、塩分を含む土壌で栽培したりして、生命力の強い品種を探そうとしているのです。

干ばつ対策のため過酷な実験が行われる

農家にとって干ばつは大きな脅威です。

果樹園は過去にも度々干ばつの影響を受けており、それは現在でも変わりません。

頻発する異常気象を考えると、気候変動による将来の不足や極端な干ばつに対する備えが必要でしょう。

そのため農家たちは、これまでに様々な試みに挑戦してきました。

既に成功を収めた例はカリフォルニアの農家たちにあります。

彼らは1980年から2015年にかけて、水の使用量を14%削減できました。

しかもその状況で生産性を38%も向上させたのです。

他にも、「これまで以上に深い井戸を掘る」ことも行われてきました。

拷問果樹園の乾燥した地面
拷問果樹園の乾燥した地面 / Credit:Anne Wernikoff_Torture orchard: Can science transform California crops to cope with drought?(2021)

そしてUCウォルフスキル実験果樹園では、干ばつに耐える植物を生み出すための実験が行われています。

ピスタチオやアーモンド、クルミを含む20種類の木に対して、あえて過酷な環境を与え、その期間でどのような変化が起こるのか、またどの品種が干ばつに耐え得るのか、調査してきたのです。

この「拷問を与えて必要な情報を得ようとする方法」から、UCウォルフスキル実験果樹園は「Torture Orchard」という別名で呼ばれています。

直訳すると「拷問果樹園」であり、実験の過酷さが際立ちますね。

(ここでは、UCウォルフスキル実験果樹園のことを「拷問果樹園」と表現させていただきます)

では、拷問果樹園の実験からどのような情報が得られたのでしょうか?

次ページピスタチオの木が拷問果樹園での断水実験を生き残る

<

1

2

3

>

植物のニュースplants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!