マイクロプラスチックの蓄積が腸の炎症を引き起こしている?
マイクロプラスチックの蓄積が腸の炎症を引き起こしている? / Credit: Zehua Yan et al., Environmental Science & Technology(2021)
health

腸の炎症の原因に「マイクロプラスチック」が関連する可能性が示される

2021.12.23 Thursday

Study Finds Alarming Levels of Microplastics in The Feces of People With IBD https://www.sciencealert.com/inflammatory-bowel-disease-feces-found-with-alarming-levels-of-microplastics People with IBD have more microplastics in their feces, study says https://medicalxpress.com/news/2021-12-people-ibd-microplastics-feces.html
Analysis of Microplastics in Human Feces Reveals a Correlation between Fecal Microplastics and Inflammatory Bowel Disease Status https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.est.1c03924

マイクロプラスチックは、海洋や土壌、大気のみならず、食品や飲料にも混入しているため、もはや摂取は避けられません。

私たちは生まれた瞬間から、いや、生まれる前からすでにプラスチックの脅威にさらされていますが、それが健康にいかなる影響を与えているかはまだ不明瞭です。

しかしこのほど、南京大学(Nanjing University・中国)の研究により、人体へのマイクロプラスチックの蓄積が、消化器系に炎症を引き起こしている可能性が示唆されました。

特に、炎症性腸疾患(IBD)を患っている人ほど、便のなかに高濃度のマイクロプラスチックが検出されたとのこと。

研究は、12月22日付けで学術誌『Environmental Science & Technology』に掲載されています。

IBD患者ほど、マイクロプラスチックの混入率が高かった

便サンプルに混入していたマイクロプラスチック
便サンプルに混入していたマイクロプラスチック / Credit: Zehua Yan et al., Environmental Science & Technology(2021)

研究チームは、健常者と炎症性腸疾患(IBD)の参加者を募り、便サンプルを採取して、そこに含まれるマイクロプラスチック濃度を調べました。

その結果、IBDを患う52名の参加者では、5ミリ以下のマイクロプラスチックが、慢性疾患のない健康な参加者に比べ、約1.5倍も多く含まれていることが判明したのです。

ここで検出されたマイクロプラスチックの大部分は300マイクロメートル以下のものですが、5マイクロメートル以下の微小な粒子もわずかに含まれます。

検出されたマイクロプラスチックは合計15種類で、最も多かったのは、ポリエチレンテレフタレート(22.3〜34.0%)とポリアミド(8.9〜12.4%)でした。

こうした傾向およびアンケート調査を合わせると、主な混入経路は、ペットボトルを使った飲料水プラスチック製の使い捨て容器での食事と見られます。

注目すべき点は、マイクロプラスチック濃度が高いほど、個人のIBD症状はより重くなっていることです。

ここから、マイクロプラスチックとIBDの因果関係が予想できますが、まだ観察段階であるため断定はできません。

炎症性腸疾患(IBD)には2種類ある

炎症性腸疾患(IBD)は、腸内の物質に対して過剰に反応する免疫システムによって生じる疾患で、2017年には世界で700万人がIBDと診断されました。

IBDは通常、2つの主要な疾患に分類されます。

ひとつは「クローン病」で、慢性の炎症が口〜肛門にいたる消化管で起こり、腹痛・下痢・血便・発熱・肛門付近の痛みや腫れ・体重減少を引き起こします。

もうひとつは「潰瘍性大腸炎」で、大腸粘膜に炎症が生じ、 クローン病と同様の症状を起こします。

いずれも何らかの免疫異常が原因であること以外は、完全に解明されていません

しかし、マイクロプラスチックがその一因として関与している可能性は、方々で言及されています。

過去の動物実験では、マイクロプラスチックへの暴露による副作用として、腸の炎症が指摘されていました。

また、マイクロプラスチックは、炎症に関与する活性酸素を発生させ、健康上の問題を引き起こすことも分かっています。

IBD患者はマイクロプラスチック濃度が健常者の1.5倍
IBD患者はマイクロプラスチック濃度が健常者の1.5倍 / Credit: Zehua Yan et al., Environmental Science & Technology(2021)

そう考えると、マイクロプラスチックへの腸内曝露の増加が免疫システムを過剰に働かせるとしても、まったく不思議ではありません。

ただし、研究チームは、その摂取と蓄積が健康上のリスクを高めると断言するには、さらなる調査が必要と述べています。

だからといって何もアクションを起こさないのは違います。

プラスチックゴミの増加が、世界の気候や生態系にダメージを与えていることは確かな事実です。

こうした廃棄を止めない限り、粉々になったプラスチックは、ブーメランのごとく巡り巡って、私たちの人体に戻り続けるでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

健康のニュースhealth news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!