制服の着用が学生の行動に良い影響をもたらすわけではない
制服の着用が学生の行動に良い影響をもたらすわけではない / Credit:Depositphotos
education

制服は学生の行動や出席率になんの良い影響も与えなかった

2021.12.25 Saturday

School uniforms don’t improve child behavior, study finds https://phys.org/news/2021-12-school-uniforms-dont-child-behavior.html
School uniforms and student behavior: is there a link? https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0885200621001162?via%3Dihub#!

日本のほとんどの学校では制服が採用されています。

制服のおかげで、「毎日の服装に悩まなくてよい」「個人差が出なくてよい」と考えている人は多いようです。

また中には、制服を着ることで帰属意識(特定の組織に属しているという意識)が高まったり、出席率が向上したりすると主張する人たちもいます。

ところが、アメリカ・オハイオ州立大学(OSU)人間生態学部に所属するアーヤ・アンサリ氏ら研究チームは、最新の研究で、制服は学生の行動や出席率になんの良い影響ももたらさない、と発表しました。

研究の詳細は11月5日付の学術誌『Early Childhood Research Quarterly』に掲載されています。

「制服は正義」なのか?

世界でも制服が一般的になってきている
世界でも制服が一般的になってきている / Credit:Depositphotos

日本のほとんどの学生は、昔から制服の着用を求められてきました。

そして世界でも制服が徐々に一般的になってきています。

以前は私立高校での採用が多かったようですが、近年では、公立高校での採用も増えてきました。

「学生が制服を着るのは当たり前」という認識の人もいるようです。

しかし制服を着用するメリットについては、正確なことが知られていません。

それもそのはず、アンサリ氏によると、「過去20年を見ても、制服の価値を調べた研究はあまり行われていません」とのこと。

そのため研究チームは、制服のメリットについて新しく調査することにしました。

6000人以上の学生を対象に、制服と私服でどのような違いが生まれるか調べたのです。

次ページ制服が学生の行動や意識に良い影響を与えることはない

<

1

2

>

教育・子どものニュースeducation news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!