2021年の「話題になった科学ニュース解説4コマ」ベスト5!
2021年の「話題になった科学ニュース解説4コマ」ベスト5! / イラスト:川勝康弘・ツイッターより
science
ナゾロジー https://nazology.net/archives/category/technology

2021.12.31 Friday

2021年の「話題になった科学ニュース解説4コマ」ベスト5!

今年になってからナゾロジーでは科学ニュースを4コマで紹介するという、無謀な試みをはじめました。

幸いにも多くの方々の目に留まり、いくつかはテレビでも取り上げて頂きました。

今回は、これまで描かれた4コマの中で特に反響が大きかったものをランキング形式で紹介したいと思います。

2021年の「話題になった科学ニュース解説4コマ」ベスト5!

第5位:練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明

第5位:練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明
第5位:練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
第5位:練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明
第5位:練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
第5位:練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明
第5位:練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
第5位:練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明
第5位:練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

第5位は、練習と上達の関係を科学的に調べた研究です。

研究では、上達は練習中ではなく休憩中になってはじめて起こるという研究結果が報告されました。

そういえば、練習している最中はちっとも上手くならないのに、少し間をおいたらデキるようになっていることって、よくありますよね。

また休憩中の脳内では無意識に、練習内容が通常の20倍の速さで高速再生されていることが判明。

さらに休憩中の無意識で起こる高速再生が起きやすい人ほど、上達しやすいことも判明します。

効率的に上達したければ、練習だけでなく休憩もこまめにとったほうがよさそうです。

なおこの4コマを含むツイートはナゾロジーにとって、初の1000万回を超えるインプレッション数(見られた回数)となりました。

元記事とツイッターへのリンクはこちらになります。

練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明

第4位:ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があると明らかに

ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があると明らかに
ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があると明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があると明らかに
ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があると明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があると明らかに
ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があると明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があると明らかに
ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があると明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

第4位は2018年にイグノーベル賞をとった研究を4コマ化したものです。

研究では激痛を発すると噂されている結石を腎臓モデルに入れて、ビッグサンダーマウンテンにのべ60回乗ると、64%も排出されると報告しています。

未来ではジェットコースターが結石除去の処方せんとして追加されるかもしれません。

なおジェットコースターの後ろに乗ると、最も効果が高いようです。

元記事とツイッターへのリンクはこちらになります。

ビッグサンダーマウンテンに腎臓結石を排出させる効果があるという研究

第3位:子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる

子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる
子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる
子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる
子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる
子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

第3位は子供を虐待するマウスの研究です。

マウスには母親による子殺しの習性をはじめ、オスによる他人の子供の殺害も起こることが知られています。

そこで研究者がマウスの脳を調べたところ、子供の虐待をするときだけ活性化する脳回路「虐待回路」を発見。

マウスの頭蓋骨に穴をあけて虐待回路を活性化すると子供に対する虐待が起こり、逆に抑制すると虐待がとまりました。

どうやら子供の虐待という特殊な行動を起こすために、脳には独自の回路が存在するようです。

もしかしたら人間にも、同じような虐待回路があるかもしれません。

元記事とツイッターへのリンクはこちらになります。

子どもを虐待するときだけ活性化する「脳の虐待回路」が見つかる

第2位:「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明!

「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明!
「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明!
「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明!
「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明!
「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

第2位は、がん治療に希望が持てる話題です。

がん細胞のDNAをズタズタにして半殺しの状態にすると、自死を誘引する信号を発することがわかりました。

細胞にはもともと異常を起こすと自分を殺してもらうための信号(介錯信号)を出す仕組みがありますが、がん細胞にも同じ仕組みが残っていたようです。

研究者たちはこの仕組みを利用し、半殺しにしたがん細胞を腫瘍に戻しました。

すると免疫細胞は半殺しにされたがん細胞と一緒に周りの腫瘍細胞を殺しはじめ、結果として40%のマウスにおいてがんを消滅させることに成功します。

がん細胞は免疫から隠れる能力がありますが、半殺しにされたがん細胞の発する介錯信号のお陰で免疫は腫瘍を発見・攻撃できるようになったようです。

元記事とツイッターへのリンクはこちらになります。

「半殺し」にしたがん細胞を体に戻すと免疫療法が上手くいくと判明!

第1位:人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに

人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに
人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに
人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに
人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに
人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

第1位は「もうなにもこわくないザリガニ」です。

人間に処方される抗うつ薬は体から排出されると下水を通って浄水施設にたどりつきますが、浄水施設は抗うつ薬を除去するようには作られていません。

そのため膨大な量の抗うつ薬が人間の体から川へと流れ込み、ザリガニを恐れ知れずにしていることが報告されました。

問題は、抗うつ薬の影響を受けているのがザリガニだけではなく、川に住むあらゆる生物に及んでいる可能性がある点にあります。

元記事とツイッターへのリンクはこちらになります。

人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに

なお「もうなにもこわくないザリガニ」は別のニュースにも友情出演しています。

覚せい剤は魚も「ヤク漬け」にすると明らかに
覚せい剤は魚も「ヤク漬け」にすると明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
覚せい剤は魚も「ヤク漬け」にすると明らかに
覚せい剤は魚も「ヤク漬け」にすると明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
覚せい剤は魚も「ヤク漬け」にすると明らかに
覚せい剤は魚も「ヤク漬け」にすると明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
覚せい剤は魚も「ヤク漬け」にすると明らかに
覚せい剤は魚も「ヤク漬け」にすると明らかに / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

覚せい剤は魚も「ヤク漬け」にすると明らかに

特別編:メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功!「マウス誕生編」

メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功!「マウス誕生編」
メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功!「マウス誕生編」 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功!「マウス誕生編」
メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功!「マウス誕生編」 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功!「マウス誕生編」
メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功!「マウス誕生編」 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功!「マウス誕生編」
メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功!「マウス誕生編」 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

特別編はナゾロジーのマウスの起源に迫る4コマになります。

たびたび4コマに登場するマウスですが、本格的に活動をはじめたのは、こちらの4コマからだったのです。

登場したころは「ニコイチマウス」と呼ばれていた時期もありました。

研究ではまず、オスとメスのマウスの体を縫い合わせ、オスにメスの子宮の片方を移植します(※マウスは子宮が2本あります)。

そして受精卵をメスとオスの両方の子宮に入れると、両方で成長して赤ちゃんマウスを誕生させることに成功しました。

妊娠中のメスの血液がオスに流れ込むことで、オスの子宮でも赤ちゃんマウスを育てることが可能になったようです。

オスでも子宮と適切な血液成分があれば、出産できることが示されたのは衝撃的と言えるでしょう。

ただこの研究は欧米を中心に、倫理的な問題があるとする声があがっているとのこと。

2匹のマウスを縫い合わせる「血液共有」はマウスを用いた動物実験よく行われている手法ですが、単純にオスに出産させる手段として使うことに抵抗がある人も多いようです。

元記事とツイッターへのリンクはこちらになります。

メスと体を縫い合わせ「子宮移植されたオスマウス」が出産成功

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

サイエンスのニュースscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!