赤色が警報に用いられるのはなぜ?
赤色が警報に用いられるのはなぜ? / Credit:Depositphotos
science
Why Is Red The Color Of Alarms And Signals? https://www.scienceabc.com/eyeopeners/why-is-red-the-color-of-alarms-and-signals.html

2022.03.12 Saturday

なぜ警報や信号機は「赤色」じゃないとダメなのか?

警察や救急車のサイレン、信号機の「止まれ」、自動車のブレーキランプには共通点があります。

どれもが警報のサインであり、すべて「赤色」が利用されている、という点です。

では、なぜ警報には赤色を用いるのでしょうか?他の色、たとえば青色ではダメなのでしょうか?

今回は、赤色が警報に役立つ2つの理由について解説していきます。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

ジャイアントインパクトの原因 「原始惑星テイア」は現在太平洋の下に埋もれている!?

遠くまで届く「赤色」

が警報に利用されている1つ目の理由は、「赤いは遠くまで届くから」というものです。

なぜそう言えるのか、光の仕組みから考えてみましょう。

波長を簡易的に表現した図
波長を簡易的に表現した図 / Credit:UZic(Wikipedia)_波長

そもそも、光は電磁波という波の一種であり、山と谷が交互に繰り返されて伝わっていきます。

そしてある山から次の山までの長さを「波長」と言い、この波長の違いが色の違いを生みます。

つまり、ある波長の光が目に入ると、私たちはその波長に合った色を認識するのです。

波長と色
波長と色 / Credit:Depositphotos

ちなみに、目に見える光(可視光線)の中で一番波長が長いのが赤色であり、そこからオレンジ、黄色、緑、水色、青、紫と短くなっていきます。

さらに光には、「波長が長ければ長いほど遠くまで届きやすい」という性質もあります。

通常、光は大気中の粒子(塵など)にぶつかると、四方八方に散らばってしまいます。

これを「散乱」といいますが、散乱すると私たちの目に光は届きません。

つまり、「散乱しにくい光」は「私たちの目で認識しやすい光」ということになります。

では、散乱しにくい光とはどんな光なのでしょうか?

実は、光には「波長が長ければ長いほど散乱しにくい」という性質があります。

光の波が大きいので、障害物である粒子にぶつかりにくいイメージですね。

ですから、赤色は最も遠くまで届きやすい可視光線であり、逆に青色と紫色は最も届きにくい可視光線だと言えます。

太陽が遠くなると、青色が散乱して届かなくなる
太陽が遠くなると、青色が散乱して届かなくなる / Credit:Depositphotos

この現象は夕焼けなどで観察されます。

夕方になると太陽と私たちの距離が日中に比べて遠くなるため、青色付近の色は散乱して届かなくなります。

そして赤色やオレンジ色だけが届くようになり、夕焼けは私たちの目に赤く見えるのですね。

さて、ここまで考えると、赤色がなぜ警報として利用されるか理解できます。

私たちが視認できる光の中で一番散乱しにくい光が選ばれているのです。

サイレンの光や信号機の「止まれ」、そしてブレーキランプの情報は、たとえ霧や煙などで大気中に多くの粒子が充満していても、私たちの目に届かせなければいけません。

そのために赤色を選ぶのは、当然と言えるでしょう。

では次に、赤色を利用すべきもう1つの理由を解説します。

次ページ赤色は「脳に訴える」

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

サイエンスのニュースscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!