自意識過剰な人はZoom会議で疲れやすい
自意識過剰な人はZoom会議で疲れやすい / Credit:Depositphotos
psychology

Zoom会議で自分の顔を見るのが嫌じゃない人もいる

2022.01.09 Sunday

Not everybody hates looking at themselves on Zoom https://news.wsu.edu/press-release/2022/01/03/not-everybody-hates-looking-at-themselves-on-zoom/
The constant mirror: Self-view and attitudes to virtual meetings https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0747563221004337#!

私たちがZoom会議を利用し始めてから、「Zoom疲れ」というワードが飛び交うようになりました。。

その原因の1つは「カメラを通して常に自分の顔が映っていること(セルフビュー)」であると考えられています。

ところが、アメリカ・ワシントン州立大学(WSU)のカーソン・カレッジ・オブ・ビジネス(Carson College of Business)に所属するクリスティン・クーン氏は、新しい研究で「すべての人がセルフビューで疲れているわけではない」と報告。

Zoom会議を嫌ったり疲れたりする根本原因は、セルフビューというよりもユーザーの自意識にあったようです。

研究の詳細は、2021年11月27日付の学術誌『Computers in Human Behavior』に掲載されました。

Zoom疲れの原因の1つは自意識過剰な精神にあった

自意識(または自己意識)には2つの種類があると言われています。

1つは他者から自分がどう見られているかを気にする「公的自己意識」。

もう1つは自分がどう感じているかに注意を向ける「私的自己意識」です。

他人の目が気になる自意識過剰な人たち
他人の目が気になる自意識過剰な人たち / Credit:Depositphotos

私たちの間でよく話題に上がるのは、公的自己意識の方でしょう。

この意識が高くなりすぎると、必要以上に自分がどう見られるか気になってしまいます。

例えば、髪型や服装が崩れていないか気になって頻繁に鏡を確認したり、SNSで自撮りを投稿する頻度が高くなったりするのです。

つまり公的自己意識が高すぎる人は、「自意識過剰」な人だと言えます。

いわゆるナルシスト程度であればそこまで問題になりませんが、自意識が過剰になりすぎると日常生活に支障をきたすようになります。

実際、人前で極度に緊張してしまったり、自分の容姿に全く自信をもてずにネガティブになってしまったりする人がいるのです。

そして新しい研究では、Zoom会議の好みや疲れの度合いには、この自意識が関係していたと判明しています。

次ページ全ての人がZoom会議を嫌っているわけではなく、個人の特性の問題だった

<

1

2

>

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!