キツネの視覚には「ターゲットハッド」が存在する可能性がある
キツネの視覚には「ターゲットハッド」が存在する可能性がある / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
animals plants

キツネの視覚には「ターゲットハッド」が存在する可能性 (3/3)

2022.01.10 Monday

Predation by foxes aided by Earth’s magnetic field https://phys.org/news/2011-01-predation-foxes-aided-earth-magnetic.html
Directional preference may enhance hunting accuracy in foraging foxes https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rsbl.2010.1145

網膜に追加情報を表示する基礎技術になる

網膜に追加情報を表示する基礎技術になる
網膜に追加情報を表示する基礎技術になる / Credit:Canva

この研究によって、キツネは磁気を感知して距離を測定し、ジャンプ狩りを行っている可能性が示されています。

これまでにも渡り鳥や鮭などの動物が磁気をGPS代わりに利用して、渡り先や生まれ故郷の川を特定することが示されているほか、牛などの哺乳類においても、体軸を南北のラインに向けて草を食べたり休憩したりするなど、方向の指針として磁気を用いていることが知られています。

しかし、自らの攻撃の到達地点をターゲットシステムに用いている動物は確認されていません。

もしキツネが本当に磁気をジャンプ狩りに利用しているならば、磁気を距離測定(ターゲットシステム)に使用していることが発見された最初の動物となるでしょう。

ただ最終的な検証を行うには、広範囲の磁気操作を行ったり、キツネの目を新鮮なうちに摘出して磁力に反応する細胞を探すなど、より大規模かつ複雑な実験が必要になります。

ですが、もし詳しい仕組みを解明して人間に応用することができれば、網膜にハッドやインターフェイスを表示させるための、重要な神経学的基礎技術になるかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!