英国ラトランドウォーター自然保護区で発見された魚竜の化石。全長は10m以上ある。
英国ラトランドウォーター自然保護区で発見された魚竜の化石。全長は10m以上ある。 / Credit:Rutland Water Nature Reserve,Britain’s largest ‘Sea Dragon’ discovered in UK’s smallest county(2022)
paleontology
Britain’s largest ‘Sea Dragon’ discovered in UK’s smallest county https://www.lrwt.org.uk/seadragon Ichthyosaur: Huge fossilised ‘sea dragon’ found in Rutland reservoir https://www.bbc.com/news/science-environment-59915689

2022.01.13 Thursday

池の水ぜんぶ抜いたら「完全な状態の巨大な魚竜の化石」が出てきた(英国)

池の水をぜんぶ抜く、というテレビ企画が日本では人気を博しましたが、英国では自然保護区の整備で貯水池の水を抜いたところ、飛んでもないものが発見されました。

それは魚竜の完全な状態の骨格で、英国で発見された同種の化石としては最大のものだったといいます。

ジュラ紀の海洋において、捕食者の頂点にいたとされるこの魚竜の化石は、10mもの大きさがあり、人が横に寝転んで並ぶとそのスケールの凄さがよくわかります。

貯水池の水を抜いたら現れた巨大魚竜の化石

2021年2月に、英国のラトランド・ウォーター自然保護区では、定期整備のために貯水池の排水が行われていました。

このとき、保護区の保全チームリーダーのジョー・デイビス(Joe Davis)氏は、泥の中からパイプのようなものが突き出ているのを発見したのです。

彼の同僚で、予備役(有事のみ招集される軍人)のポール・トレバー(Paul Trevor)氏は、以前ヘブリティーズ諸島で働いていたとき、クジラやイルカの骨格を見ていたため、これがそれとよく似ていることに気づきました。

これが何らかの生き物の背骨だと気づいた彼らは、これを伝っていき顎骨のようなものも発見しました。

それは非常に巨大で、普通の生き物でないことは明らかでした。

そこでジョーは、「恐竜の化石を見つけたみたいだ」と郡議会へ連絡したのです。

実際彼らが発見した巨大な骨は、恐竜ではありませんでした。

それは魚竜と呼ばれる種類のもので、約2億5000千万年前から9000万年前までの期間海に生息していた、巨大な海洋爬虫類です。

魚竜は1メートルから25メートル近くまで、さまざまなサイズがおり、一般的にイルカに似た体型をしていました。

21年の8月から、古生物学者の専門チームがこの骨の発掘を開始しました。

そして、それによりこの発見が予想以上に重大だったことが明らかになるのです。

発掘現場の様子
発掘現場の様子 / Credit:Rutland Water Nature Reserve,Britain’s largest ‘Sea Dragon’ discovered in UK’s smallest county(2022)

発見された骨格は、ほぼ完全な状態を維持しており、全長は10メートルを超えていて、英国で発見されたこの種の中では、最大かつ完全な化石だったのです。

ラトランド・ウォーター自然保護区では以前にも小さい魚竜の化石が発見されたことはありました。

しかし、ここまで立派なものが見つかったことはありません。

発見された化石の人間とのサイズ比較
発見された化石の人間とのサイズ比較 / Credit:Rutland Water Nature Reserve,Britain’s largest ‘Sea Dragon’ discovered in UK’s smallest county(2022),ナゾロジー編集部

人が並ぶとそのスケール感がよく伝わります。

この発見された巨大な魚竜は、生前どのような姿をしたものだったのでしょうか?

次ページジュラ紀の海洋の覇者

<

1

2

>

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!