錯視「鏡でのみ視認できるクイーン」
錯視「鏡でのみ視認できるクイーン」 / Credit:Best Illusion of the Year Contest(YouTube)_The Phantom Queen(2021)
culture

鏡でしか見えない不思議なチェス駒 錯視の祭典「イリュージョン・オブ・ザ・イヤー2021」 (2/3)

2022.01.17 Monday

前ページ2021年に最も人々を混乱させた「幻のクイーン」

<

1

2

3

>

「幻のクイーン」は、鏡を上手に利用した錯視だった

「幻のクイーン」と「突然現れるオブジェクト」の両方に利用されているのは「立体を平面に見せる錯視技術」です。

立方体の模様によって平面に見える
立方体の模様によって平面に見える / Credit:Best Illusion of the Year Contest(YouTube)_The Phantom Queen(2021)

例えば上の動画のように、立方体の模様を工夫することで特定の角度からは平面に見せることができます。

そして、この錯視を利用すれば、模様入りカバーの裏側にオブジェクトを隠すことができるのです。

錯視カバーの裏にオブジェクトを隠すことも可能
錯視カバーの裏にオブジェクトを隠すことも可能 / Credit:Best Illusion of the Year Contest(YouTube)_The Phantom Queen(2021)

前から見ると何もない平面に見えますが、タイミングよく錯視カバーを取り除くことで瞬時にオブジェクトが登場したように見えるのです。

「突然現れるオブジェクト」を横から見た映像
「突然現れるオブジェクト」を横から見た映像 / Credit:Best Illusion of the Year Contest(YouTube)_The Phantom Queen(2021)

ここまでくれば、「幻のクイーン」の仕組みも分かりますね。

重要な追加要素は、「鏡」です。

錯覚カバーの原理に鏡を組み合わせるだけ
錯覚カバーの原理に鏡を組み合わせるだけ / Credit:Best Illusion of the Year Contest(YouTube)_The Phantom Queen(2021)

正面からはクイーンが錯視カバーで隠されて見えません。

ところが鏡には反射によってカバーの裏側が映ります。クイーンの存在は鏡でのみ視認できるのです。

また反射カバーの裏側にも錯視させるための模様が描かれており、鏡を通して見てもカバーが存在していないように見えます

「幻のクイーン」の仕組み
「幻のクイーン」の仕組み / Credit:Best Illusion of the Year Contest(YouTube)_The Phantom Queen(2021)

錯視技術自体はシンプルですが、他の道具と組み合わせることでこれまでにない錯視アートを生み出すことに成功したのです。

ちなみにカバーを少し手前に引っ張るだけで、種明かしは済みます。

種明かしは一瞬
種明かしは一瞬 / Credit:Best Illusion of the Year Contest(YouTube)_The Phantom Queen(2021)

種が分かればだれでも簡単に作れる錯視だと言えますね。

スマホで同じような動画を撮って、友達をびっくりさせるのも楽しいでしょう。

ちなみにイリュージョン・オブ・ザ・イヤー2021のファイナリストには他の錯視作品もノミネートされています。

次のページでは惜しくも最優秀賞を逃した2つの作品をご紹介しますね。

次ページイリュージョン・オブ・ザ・イヤー2021の2位と3位も面白い!

<

1

2

3

>

サブカル・アートのニュースculture news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!