ゲレンデを滑走できるスキーロボットが誕生
ゲレンデを滑走できるスキーロボットが誕生 / Credit: Shanghai Jiao Tong University(2022)
robot

優雅にゲレンデを滑走する「スキーロボット」が登場

2022.01.25 Tuesday

SJTU Six-Legged Skiing Robot Passing On-Slope Tests https://en.sjtu.edu.cn/news/3032 You’re taking the piste! Six-legged robot expertly SKIS down a slope in China in unbelievable footage https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-10435817/Tech-Six-legged-robot-expertly-SKIS-slope-China-unbelievable-footage.html

中国東北部・瀋陽(しんよう)で行われたテストで、6本足のロボットが純白のゲレンデを巧みに滑降する驚きの映像が公開されました。

これは上海交通大学(Shanghai Jiao Tong University)により開発されたスキーロボットで、雪上でのレースや旋回、障害物回避が可能です。

将来的には、雪山でのパトロールや救助活動への応用が期待されています。

秒速10mで滑走できるスキーロボットが登場

上海交通大の機械工学チームは、「科学技術冬季オリンピック(Winter Olympics with Science and Technology)」の呼びかけのもと、このスキーロボットを開発しました。

開発に当たっては、中国科学技術部の国家重点研究開発プログラム(National Key R&D Program)の資金援助を受けています。

スキーロボットは4本の脚部を持ち、左右のスキー板に2本ずつ設置、さらに両側に2本のポールを持って滑降をコントロールします。

新たに開発されたスキーロボット
新たに開発されたスキーロボット / Credit: Shanghai Jiao Tong University(2022)

ロボットを初級と中級のゲレンデ斜面でテストしたところ、滑降やブレーキなど多くの動きを巧みにこなせることが実証されました。

開発主任のGao Feng氏は「インテリジェントなセンシングとブレーキ制御によって、滑走、旋回、ルート設定、障害物回避などのタスクを完了しました」と報告。

続けて、「高い柔軟性と敏捷性を示し、人の手による遠隔操作が可能なため、人ごみの中を滑ることも、スキーヤーと一緒に滑ることも可能」と述べています。

ゲレンデを滑降する様子
ゲレンデを滑降する様子 / Credit: Shanghai Jiao Tong University(2022)

テストでは、傾斜18度、全長400メートルのコースを、毎秒10メートル以上の速度で滑走できることが確認されました。

研究チームによれば、スキーロボットは将来、ロボットスキーの競技会への出場や、雪山でのパトロールおよび救助活動に活用できるとのことです。

開発チーム
開発チーム / Credit: Shanghai Jiao Tong University(2022)

また、今年開催が予定されている冬季オリンピックの後、5Gや無線技術と組み合わせることで遠隔操作でのマシンスポーツのゲームにも活用できる、といいます。

近い将来、スキー場に行くと、人と一緒にロボットが滑走している光景が普通になるかもしれませんね。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

ロボットのニュースrobot news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!