屋根の上で群れるハト
屋根の上で群れるハト / Credit:Depositphotos
technology

ドローンがハト避けの「究極のカカシ」になる

2022.02.13 Sunday

Autonomous drones may be the ultimate scarecrows … for pigeons https://newatlas.com/drones/autonomous-drones-pigeons/ Rooftop Drones for Autonomous Pigeon Harassment https://spectrum.ieee.org/pigeon-drone
Autonomous Detection and Deterrence of Pigeons on Buildings by Drones https://ieeexplore.ieee.org/document/9656717/authors

野生のハトは都市部にも適応し、さまざまな場所を糞だらけにします。

そのせいで、建物の所有者は何度も清掃しなければならず、屋上のような場所では、そもそも清掃すら困難です。

では、ハトを上手に追い払う方法はあるのでしょうか?

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)に所属するファブリツィオ・シアーノ氏ら研究チームは、自律型ドローンを利用して屋根のハトを追い払うシステムを構築しました。

ドローンが究極の「カカシ」として利用できるかもしれません。

研究の詳細は、2021年12月20日付で科学雑誌『IEEE Explore』に掲載されました。

屋根のハトを追い払う自律型ドローンシステム

ドローンを使ってハトを追い払う」と聞くと、多くの人は、「ドローンを常時パトロールさせて、ハトを追い払う」ことを想像するかもしれません。

しかし研究チームの指摘によると、そのような方法は現実的でありません。

なぜならドローンが巡回・監視するには屋根が広く、消費する電力も大きいからです。

カメラで監視し、必要に応じてドローンを出動させるシステム
カメラで監視し、必要に応じてドローンを出動させるシステム / Credit:Fabrizio Schiano(EPFL) et al., IEEE Explore(2021)

そこでチームは、高解像度のズームカメラを搭載した基地局を設置することにしました。

まずカメラだけを使って、屋根にいるハトを発見するのです。

実際、21日にわたってテストしたところ、ハトの居場所と数を正確に検出できました。

その次に、ドローンの出番です。

カメラがハトを発見するたびに、その情報を自律型ドローンに伝え、ハトが群がっている場所に送るのです。

ドローンは近づいてホバリングすることで、ハトを追い払うことに成功しました。

テストを行った5日間では、ドローンの出動回数が合計55回にもなったとのこと。

その結果、ハトが屋根に留まる時間を大幅に短縮させるとともに、そもそも屋根に着地する回数を減らすこともできました。

ハトを追い払う自律型ドローン
ハトを追い払う自律型ドローン / Credit:Fabrizio Schiano(EPFL) et al., IEEE Explore(2021)

通常、ハトの群れは屋根の上で2時間以上過ごしますが、ドローンを使うことによって、わずか数分にまで短縮できたのです。

さらにこの新しい方法なら、ドローンの電力浪費が少なく、効率的な運用を続けられます。

自律型ドローンは、ハトが屋根に来たときだけ作動し、確実に追い払ってくれる「究極のかかし」なのです。

とはいえ、この自律型ドローンシステムは、国によっては違法(人間の監視が必要なため)です。

今回のテストでは研究チームが監視していましたが、実際の運用に移行するためには、いくらかの調整が必要でしょう。

また研究チームは、鳥類学者と協力することで、このシステムの効率アップが可能だと考えています。

街をきれいに保つためのドローン技術の進展に、今後も期待です。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!