パッケージのフレーズで味覚も変わってしまう
パッケージのフレーズで味覚も変わってしまう / Credit:Depositphotos
psychology
Just Two Words on a Cookie Label Can Mess Up How It Tastes, Study Finds https://www.sciencealert.com/researchers-show-just-how-powerful-descriptions-can-be-in-influencing-our-sense-of-taste
The impact of applied labeling context on consumer acceptance of differently valenced products https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0950329321003736?via%3Dihub#!

2022.02.01 Tuesday

ラベルに書かれた一言で「同じクッキーの味」が変わってしまうと判明

「新発売」「○○限定」「売上NO.1」と書かれている商品を、思わず手に取ってしまったことがあるでしょう。

このように、魅力的なパッケージデザインやフレーズは、商品の売り上げに大きく貢献します。

そして新しい研究では、パッケージに書かれている1つのフレーズが、実際に消費者の味覚にまで影響を与えると判明しました。

アメリカ・オハイオ州立大学(OSU)食品科学技術学部に所属するクリストファー・シモンズ氏ら研究チームが、同じクッキーでもラベルの一言で味の評価が大きく変化すると報告したのです。

研究の詳細は、2021年12月16日付の学術誌『Food Quality and Preference』に掲載されました。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

同じ商品でもネガティブなラベルがあるとまずく感じる

食品業界では、「発売した商品が不評だった」ということがよくあります。

発売前の「消費者による試食テスト」では好評だった製品でも、いざ発売してみると、「おいしくない」という苦情が殺到するのです。

そこで研究チームは、製品の品質以外に、消費者の評価に影響を及ぼす要因を調査することにしました。

全く同じクッキーでも、ネガティブなフレーズがあると不味くなる
全く同じクッキーでも、ネガティブなフレーズがあると不味くなる / Credit:Depositphotos

今回の研究ではパッケージに書かれているフレーズに焦点が当てられました。

実験では、オハイオ州立大学に所属する58人の成人が、全く同じチョコレートチップクッキーを3つ試食

しかしそれぞれのクッキーには以下の異なるラベルが貼られていました

  • 「標準的」
  • 「リニューアル・改良しました」
  • 「クレームあり」

その結果、参加者たちは「3つのクッキーの味と食感はそれぞれ異なっている」と認識しました。

そして研究チームの予想通り、「リニューアル」ラベルのクッキーは、「クレーム」ラベルのクッキーよりも「かなり美味しい」という評価が得られました。

さらにポジティブなフレーズよりもネガティブなフレーズの方が、消費者の味覚に強い影響を与えると判明しています。

「新しい味に挑戦した商品」や「チーズや野菜のように好き嫌いの分かれるもの」が、低評価コメントやネガティブなフレーズの影響を受けるのは、なんとなく想像しやすいでしょう。

しかし今回の実験では、ほとんどの人が大好きで安定したおいしさをもつチョコチップクッキーでも、それらネガティブなフレーズの影響を受けると分かったのです。

そして研究チームが行った62名の参加者による別の実験でも、同様の結果が得られました。

ですから私たち消費者は、既に購入した食品については低評価コメントを見ないよう意識することが大切です。

そうすることで味覚がネガティブな影響を受けず、おいしく食べられるでしょう。

とはいえ、「ネガティブなラベル」は、完全に悪者というわけでもありません。

研究チームは、「ネガティブなラベルがより良い食品をつくるのに役立つかもしれない」と述べています。

次ページネガティブなラベルは「味覚を研ぎ澄ます」のに役立つかも

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!