脳は過去15秒をまとめて知覚を作り上げていた
脳は過去15秒をまとめて知覚を作り上げていた / Credit: jp.depositphotos
brain
Everything we see is a mash-up of the brain’s last 15 seconds of visual information https://theconversation.com/everything-we-see-is-a-mash-up-of-the-brains-last-15-seconds-of-visual-information-175577
Illusion of visual stability through active perceptual serial dependence https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abk2480

2022.02.23 Wednesday

私たちが見ている世界は脳が「過去15秒間」を平均化した映像だった

私たちの目は常に膨大な量の視覚情報にさらされています。

脳にとって、これは容易な状況ではありません。

何百万もの色や形、光の加減や視点の変化により、視覚の世界は絶えず移り変わっているのですから。(走りながら撮ったカメラの映像を見てください)

にもかかわらず、私たちはブレやノイズのない安定した世界を見ることができます

これは何世紀にもわたって研究者たちを悩ませてきた視覚科学の問題でした。

そしてこのほど、カリフォルニア大学バークレー校 (University of California, Berkeley・米)の研究で、視覚の安定性を説明する新たなメカニズムが発見されました。

それによると、私たちの脳は、過去15秒間に見たものを統合・平滑化して、整った一つの印象にまとめ上げているとのこと。

一体どういうことでしょうか。

研究の詳細は、2022年1月12日付で科学雑誌『Science Advances』に掲載されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

コロナウイルスのウソとホントがわからない? 科学的根拠のある医療とは?

なぜ世界は「安定」して見えるのか

私たちが日常の中で受け取っている視覚情報は、こちらのビデオで見れます。

右側の白い円は眼球運動を示し、左側はその位置に対応した視覚情報を示します。

左の画像を見ていると、かなり目まぐるしく情報が変化していて目が回ってしまいそうになりますね。

しかし、私たちはこうした雑多に変化する情報をそのまま見ているわけではありません

私たちがいかに激しく視線を動かしたとしても、動画の左側に見られような、目まぐるしい変化や揺れを感じることはなく、一貫して安定した世界を知覚できています

では、はどのようにして安定した視覚を作り出しているのでしょうか。

今見ているものは「過去15秒間の平均」

カリフォルニア大のチームは最新研究で、私たちは視覚的なスナップショットをひとつひとつ分析するのではなく、過去15秒間に見たものの平均を知覚している、と発表しました。

言い換えれば、バラバラの視覚情報が互いに似て見えるようにまとめることで、脳は安定した環境の知覚を作り出しているのです。

チームは、こうした脳機能について「15秒ごとに入力される視覚情報を、日常生活に支障がないように1つの印象に集約してくれるアプリのようなもの」と表現します。

また、このメカニズムの仕組みを説明するため、次のような錯視動画を作りました。

動画では左側に映る顔は30秒かけてゆっくりと年齢を重ねていて、子供の顔から大人の顔へ変化しています。

しかし、私たちは顔が変化していることにまるで気づくことができないのです

実際に試してみてください。

この錯覚を検証するため、チームは数百人の参加者を募り、この30秒間の動画を見てもらいました。

動画の最後に表示される顔の年齢を答えるよう求めたところ、参加者はほぼ一貫して、15秒前に表示された顔の年齢を答えたのです。

動画を見ているとき、私たちの知覚は平均化された情報によって、常に過去に偏った認識をし続けます。

そのため、私たちの脳は常に見ているものを10秒から15秒前(顔が若かった頃)の状態として知覚してしまうのです。

脳のリフレッシュレートは約15秒なので、私たちはリアルタイムで最新の映像だけを見るのではなく、実際にはそれ以前の映像を含めた平均化された映像を見ているのです。

この錯視動画は、私たちの見ている世界が、過去15秒間の視覚情報を脳が滑らかに整えた結果であることを示しています。

これにより、私たちは時間変化に振り回されることのない安定した知覚を得ているのです。

研究主任のデイビッド・ホイットニー(David Whitney)氏は、こう説明します。

「脳が本質的に行っていることは、先延ばしです。

脳は、受け取ったスナップショットをいちいち処理するのは面倒なので、過去の情報から予測された現在の状況を作り出して私たちに見せています。

そのため、脳は過去の情報に特に重きを置いています。

私たちの知覚は基本的に、過去の情報を再利用しているのです。その方が今見たものを瞬間的に処理するよりも効率的で早く、労力もかからないからです

脳が求めるのは「安定した世界」
脳が求めるのは「安定した世界」 / Credit: jp.depositphotos

視覚システムは、周囲の世界をスムーズに知覚するため、時として正確さを犠牲にすることがあります

たとえば、映画を見るときに、俳優とスタントマンの違いといった微妙な変化に気づかないのは、このためだと考えられます。

それでも、視覚のタイムラグは、雑多な視覚情報に振り回されるのを防ぎ、安定した知覚世界を作り出すには最適です。

もし私たちの視覚を脳が常にリアルタイムで更新していたら、私たちの見る世界は光や影、動きであふれかえる混沌としたものとなっていたでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!