ブラックオパール
ブラックオパール / credit:gemstones.com
geoscience

知れば知るほど面白い!魔法の石「オパール」

2022.03.10 Thursday

2022.03.05 Saturday

堀秀道『楽しい鉱物学』 https://www.amazon.co.jp/dp/4794209118 ジョージ・フレデリック・クンツ 鏡リュウジ監訳『図説 宝石と鉱物の文化誌』 https://www.amazon.co.jp/dp/4562046651 中野定雄、中野里美、中野美代訳『プリニウスの博物誌 第34巻~第37巻』 https://www.amazon.co.jp/dp/4639027893 飯田孝一『天然石のエンサイクロペディア』 https://www.amazon.co.jp/dp/4904850084 オパールの品質を決定する要因(GIA) https://www.gia.edu/JP/opal-quality-factor オパール(Wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB ‘Virgin Rainbow’ Opal Literally Glows In The Dark(Forbes) https://www.forbes.com/sites/trevornace/2016/07/25/virgin-rainbow-is-the-worlds-rarest-opal/?sh=6ef77acb3f19

美しい虹色の光を見せることで有名なオパール。

ただ美しいだけではなく、産地ごとにさまざまな特色があったり、不思議な効果を持つ場合があったりすることも大きな魅力です。

今回は、そんなオパールの魅力をとことんお伝えしていきます。

オパールとは

オパール
オパール / credit:Wikipedia

オパールとは、ケイ酸と水分で構成された石です。

石の約10%ほどに水分が含まれているという、珍しい特徴があります。

成分としては、お菓子の乾燥剤などに使われるシリカゲルと同じです。

結晶構造を持たないため、鉱物ではなく「準鉱物」に区分されています。

オパールと同じ準鉱物としては、琥珀、黒曜石、真珠などが挙げられます。

しかし、IMA(国際鉱物学連合)ではオパールは鉱物に区分されています。

オパールは団体によって指定区分の変わる、珍しい石なのです。

日本では10月の誕生石に指定されており、多くの方に愛されています。

 

鉱物としてのオパール

鉱物名オパール(opal)
化学式SiO2・nH2O
結晶系非晶質
へき開なし
モース硬度6.5
ガラス光沢
条痕

オパールの名前の由来

オパールの名前の由来は、ギリシャ語での変化を見る」という意味の「オパリオス(opalios)」そして、これが転じたラテン語の「オパルス(opalus)」です。

さまざまな色彩を見せるオパールにぴったりの名前ですね。

また、中世ヨーロッパでは「目の石」を意味する「オフタルミオス(ophthalmios)」とも呼ばれていました。

オパールの歴史

ローマのコロッセオ
ローマのコロッセオ / credit:写真AC

オパールと人間との歴史は古く、古代ローマの時代まで遡ります。

古代ローマの博物学者プリニウスは、地理学、天文学、鉱物学などについて記述した著作『博物誌』にてオパールを取り上げています。

プリニウスは「紅玉の火、紫水晶の紫の閃光、スマラグドゥス(エメラルド)の海の緑を見せ、それらが渾然と一体になって信じ得ないような光彩を放っている」とオパールの輝きを絶賛しています。

また、この頃からすでに偽物のオパールも出回っていたのか、プリニウスはオパールを光に透かして見ることで本物かどうかを判別するという鑑定方法も述べています。

ただし、プリニウスが述べた産地からオパールが産出した記録はなかったため、今では「別の宝石だったのではないか」という説が有力となっています。

 プリニウスがオパールを絶賛した一方で、そのあまりにも特徴的な虹色の光のせいか、19世紀にはオパールを不吉なものとして扱う時期もありました。

アメリカの鉱物学者クンツは、サー・ウォルター・スコットの小説『ガイアスタインのアン』に登場するオパールが見せる奇妙な特徴から、読者が誤って悪いイメージを膨らませてしまったのではないか、と考察しています。

現代ではそのような迷信もすたれ、オパールは美しい輝きを人々に見せています。

次ページオパールの種類

<

1

2

3

4

5

>

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!