鏡は何色?
鏡は何色? / Credit:Depositphotos
physics

実は緑色!? 合わせ鏡から見えてくる「鏡」の持つ真の色とは

2022.03.08 Tuesday

What color is a mirror? It’s not a trick question https://www.zmescience.com/science/physics/what-color-is-a-mirror-its-not-a-trick-question/

多くの人は、「リンゴが赤く見えるのは、リンゴが赤色の光を反射するから」だと知っています。

では、周囲の景色をまるごと反射する「鏡」は、何色だと言えるでしょうか?

なんとなく銀色のイメージをもっている人は多いかもしれませんが、実は銀色でもありません。

ここでは光の性質や科学者たちの見解にもとづいて、鏡の色について解説します。

鏡は白色なのか?

可視光のうち反射されたものを「物体の色」として認識している
可視光のうち反射されたものを「物体の色」として認識している / Credit:Depositphotos

を知るために、まずは色との関係について考えましょう。

自然光には、もともとすべての色(波長)が含まれています。

そして私たちは、「物体が吸収せずに反射する波長の光」を「物体の色」として認識しています。

例えば、植物は緑の波長を反射するので緑色に、バナナは黄の波長を反射するので黄色に見えるのです。

さらに言うと、ノートやコピー用紙は全ての波長を反射するので白色に見え、墨汁はすべての光を吸収するので黒色に見えます。

さて、これら光と色の関係を知ると、鏡の色について少し理解が深まります

鏡は視線と対角にある景色をそのまま映し出します。これは鏡が、「光を全反射」している証拠です。

どちらも光を全反射するが、見え方は大きく異なる
どちらも光を全反射するが、見え方は大きく異なる / Credit:(左)Depositphotos, (右)Depositphotos

では、鏡の色は何色ですか?

考え方によっては、光を全反射するので「白色」だと言えるかもしれません

事実、ある科学者たちは鏡を白色だと言います。

しかし、鏡とコピー用紙の前に立って比べてみてください。

鏡が「自分の姿を映す」のに対し、コピー用紙は自分の顔を映さず、ただただ「白いだけ」です。

では、お互いに光を全反射するのに、見え方に大きな違いがあるのはなぜでしょうか?

次ページ光をすべて反射する鏡が白くない理由

<

1

2

3

>

物理学のニュースphysics news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!