アフリカ人初の侍「弥助」とは
アフリカ人初の侍「弥助」とは / Credit: jp.depositphotos
history archeology

戦国の乱世に実在した「アフリカ人初の侍・弥助」の正体とは?

2022.03.26 Saturday

Yasuke – The African Samurai https://www.heritagedaily.com/2021/05/yasuke-the-african-samurai/138929 Yasuke: The mysterious African samurai https://www.bbc.com/news/world-africa-48542673

みなさんは「弥助(やすけ)」というサムライをご存知でしょうか。

今から遡ること440年ほど前、弥助は織田信長のもとで家臣となり、のちに武士の身分を認められました。

驚くべきは、彼がアフリカ出身の黒人男性だったことです。

弥助は「サムライになった初の外国人」として、日本史の1ページに名を残しています。

しかし戦国の乱世に、なぜアフリカ人が日本にやってきて、どのようにサムライになったのでしょう?

また、弥助はどんな人物で、いかに歴史から姿を消したのでしょうか?

 

戦国の世に降り立った「巨大なアフリカ人」

16世紀の戦国時代、日本には、ポルトガルやスペインから西欧人がたびたび訪れるようになっていました。

その中で、アフリカ出身の人々も、奴隷や召使いとして連れてこられたようです。

その一人として、弥助も日本にやってきました。

彼が日本史の記録にあらわれるのは、1579年のこと。

イエズス会のイタリア人宣教師、アレッサンドロ・ヴァリニャーノ(Alessandro Valignano)の視察に護衛として同行していました。

記録によると、京都に到着した弥助を一目見ようと、大勢の見物人が殺到したといいます。

イエズス会士に付き従う黒人の召使い
イエズス会士に付き従う黒人の召使い / Credit: ja.wikipedia

徳川家康の家臣だった松平家忠も弥助を見たようで、そのときの日記には「肌は墨のようで、身長は6尺2寸あった」と書かれています。

6尺2寸というと、だいたい182センチです。

今は栄養価の高い時代なので、180センチ越えも珍しくないですが、当時の日本人男性の平均身長は157センチ程度でした。

ですから、漆黒の肌と巨大な体格を持つ弥助に、腰を抜かした人は多かったでしょう。

また、信長の一代記である『信長公記(しんちょうこうき)』には、年齢が26〜27歳ほど、牛のような黒い身体に、十人力の剛腕を持っていた旨が記されています。

弥助はどこで生まれたのか?

残念ながら、弥助の出生年や出身地についての記録はありません。

ただ、1627年にイエズス会の司祭が書いた『日本教会史』には、「インドから連れてこられた使用人で、出身はポルトガル領の東アフリカ(現モザンビーク)だった」とあります。

彼の主人だったヴァリニャーノは、来日前にモザンビークに立ち寄り、またインドに長く滞在していました。

しかし、弥助がモザンビークでヴァリニャーノに会ったのか、それともインドで会ったのかはわかりません。

なにはともあれ、ヴァリニャーノとともに来日した弥助は、1581年3月27日、彼の人生を大きく変える運命の出会いを果たします。

かの有名な織田信長に謁見したのです。

次ページ信長、「弥助」を大いに気に入る

<

1

2

>

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!