光遺伝学を用いた脳細胞の刺激例
光遺伝学を用いた脳細胞の刺激例 / Credit:J. BARNEY BRYSON et al . Optical Control of Muscle Function by Transplantation of Stem Cell–Derived Motor Neurons in Mice (2014) . Science
brain

2022.03.18 Friday

マウスの脳に光ファイバーを刺し込んで友達を変更することに成功! (2/3)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

ブラックホールの中に入って人間が調査をすることは可能なのか?

前ページ脳の8カ所に電極を刺し込む

<

1

2

3

>

嫌いな相手でも好きになっちゃう

マウスの社会性を制御する回路を強制的に活性化すると友好度に変化が起こりました
マウスの社会性を制御する回路を強制的に活性化すると友好度に変化が起こりました / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

「コミュニケーション回路」を強制的に活性化するとどうなるか?

魅力的な謎を解明するため研究者たちは、マウスを光に反応するように遺伝操作し、

頭蓋骨に穴を開けて光ファイバーをコミュ回路の位置まで刺し込みました。

以前は脳回路を活性化する方法には電極が用いられていましたが、最近では遺伝操作と光による刺激を組み合わせた方法(光遺伝)が用いられるようになっています。

(※脳回路の活動の「読み取り」には依然として電極が用いられていますが刺激(入力)には光遺伝が主流になりはじめています)

準備が整うと、研究者たちはスイッチを起動してマウスのコミュニケーション回路に光による活性化信号(10Hz)を入力しました。

するとマウスは興味を示さなかった相手(嫌いな相手)に対しても体を寄せて友好的な態度をとるようになりました。

この結果は、コミュニケーション回路を活性化することで、相手に対する態度も操作できることを示します。

次ページスイッチ1つでみんな仲良しの楽園になる

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!