ARコンタクトレンズ「モジョ・レンズ」のプロトタイプが発表
ARコンタクトレンズ「モジョ・レンズ」のプロトタイプが発表 / Credit:Mojo Vision Inc.
technology

2022.04.03 Sunday

AR機能を内蔵したコンタクトレンズにプロトタイプが登場 (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

終末世界:人類は最低何人いれば近親交配を避けて繁殖できるのか?

前ページ拡張現実を身近にするARコンタクトレンズ

<

1

2

>

ARコンタクトレンズのプロトタイプが発表される

マイクロLEDディスプレイが備わっている
マイクロLEDディスプレイが備わっている / Credit:Mojo Vision Inc.

モジョ・レンズのプロトタイプにはいくつかの機能が備わっています。

例えば、モジョ・レンズの中核をなすのは、世界最小・最密度ディスプレイです。

現在プロトタイプには、1インチ(2.54cm)あたり1万4000ピクセルの「マイクロLEDディスプレイ」が備わっています

これにより、文字や画像、高解像度動画を着用者の網膜上に投影可能。

屋内・屋外に限らず、目を閉じた状態でも、それら映し出された情報を確認できます

またプロトタイプには、レンズ用にカスタムされた5GHz無線機も組み込まれており、ARに必要な通信が可能とのこと。

さらにARを実現させるには、目の動きに合わせてAR画像を静止させなければいけません。

そのため目の動きを追跡する加速度計や磁力計も搭載されています。

バッテリーやチップは視野を確保できるように配置されている
バッテリーやチップは視野を確保できるように配置されている / Credit:Mojo Vision Inc.

そしてバッテリーは、医療用バッテリーメーカーと協力し、レンズ外側のリングに十分安全を配慮して内蔵されました。

加えて私たちが特に気になるのは、コンタクトレンズに必要な酸素透過率(酸素を通す割合)や装着感でしょう。

その点、プロトタイプには、空気が入り込むような特殊なチャンネルが組み込まれており、酸素が角膜に供給されるようになっています

また電子回路が含まれていない「同じ形状のレンズ」の装着テストによって、現在装着感や快適性が確かめられているとのこと。

さて、このようにプロトタイプの性能を知ると、ARコンタクトレンズの完成は近いように思えます。

しかしモジョ・ビジョン社マーケティング担当のスティーブ・シンクレア氏は次のように述べました。

「今後、さまざまな状況でもそれぞれの機能が正しく働くか、安全性を保てるか、といった点を確認しなければいけません。

最終的には、アメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を得なければいけないでしょう。

そして、それまでにどれだけの時間がかかるのかは、考えたくもありません」

ARコンタクトレンズの開発は確実に前進していますが、私たちが実際に装着できる日はもう少し先のようですね。

ARを気軽に楽しめる「モジョ・レンズ」の完成を楽しみに待ちたいものです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!