21年前に紛失していたダーウィンのノートが返却される
21年前に紛失していたダーウィンのノートが返却される / Credit: Cambridge University Library
science

2022.04.06 Wednesday

21年前に盗まれた”ダーウィンの2冊の研究ノート”が「X」を名乗る人物から返却される (2/2)

前ページ紛失から21年後、謎の人物「X」からの返却

<

1

2

>

ノートには「生命の樹」や「進化論」のアイデアも

英の自然科学者チャールズ・ダーウィン(1809〜1882)
英の自然科学者チャールズ・ダーウィン(1809〜1882) / Credit: ja.wikipedia

ダーウィンは1837年、イギリス海軍の測量船ビーグル号での航海から帰還した後、この2冊のノートに大量の書き込みをしました。

「生命の樹」のスケッチもその一つです。(下の画像を参照)

”I think(私が思うに)”で始まるそのページには、①という数字から枝分かれたした系統樹が描かれています。

この①は、ある生物共通祖先を示し、そこから進化の枝分かれを繰り返す中で、さまざまな種が生み出されるプロセスを表現しています。

枝の先がT字になっているものが現生種で、それ以外は絶滅した系統とのことです。

「生命の樹」のスケッチが記されたページ
「生命の樹」のスケッチが記されたページ / Credit: Cambridge University Library

また別のノートには、革新的な進化論」の可能性を示すアイデアも書き込まれていました。

このアイデアを発展させたものが、彼の名を世に知らしめた1859年発表の『種の起源』へとつながっていきます

担当司書のガードナー氏は「ノートが無事に戻ったことにとても安堵している」と話します。

「はがきサイズの小さなノートですが、科学史に多大な影響を与えた世界有数のコレクションであることは、いくら強調してもし過ぎることはないでしょう」

クリングフィルムで厳重に包装されていた
クリングフィルムで厳重に包装されていた / Credit: Cambridge University Library

まとめ

ケンブリッジ大学図書館は、このノートの人気の高さと、世界的な捜査協力に感謝し、今年7月9日から始まる無料の展覧会Darwin in Conversationの一部として、ノートを展示する予定です。

この展覧会は、ダーウィンが生前に書いた約1万5000通の手紙をもとに企画されました。

その大部分は、同館に収蔵されている世界最大のダーウィン関連資料のアーカイブに収められています。

7月の展示後は、2023年に米ニューヨーク公共図書館でも開催される予定です。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

サイエンスのニュースscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!