キノコは50種類の「単語」を使って会話をしている
キノコは50種類の「単語」を使って会話をしている / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
fungi

2022.04.08 Friday

キノコは「菌糸ネットワークを流れる電気信号」で会話をしている (3/3)

前ページ菌類の「単語」は人間の単語と似た文字量を持つ

<

1

2

3

>

「スエヒロタケ」は最も複雑な「文」を作るキノコだった

1枚目の画像
Credit:wikipedia

今回の研究で調査対象となった4種類の類は、食用にもなる「エノキタケ」、南極以外のほとんどに生息する「スエヒロタケ」、冬虫夏草の一種である「サナギタケ」、発光キノコの一種である通称「幽霊キノコ (Omphalotus nidiformis)」でした。

研究者たちが電気活動の分析データを比較したところ、最も複雑な「文」を作るのがスエヒロタケであり、次いでサナギタケであることが判明します。

また「文」の複雑さは菌の種類を予測できる因子でもありました。

菌類たちが異なる「文」を生成する原因として研究者たちは、種によって異なる「方言」を持つからであると述べています。

今後、研究者たちは種間の「方言」の違いや文法の解釈法を調べるとともに、分析方法の最適化を行っていく、とのこと。

もしこれらが解明されれば菌類の文法構造や構文、単語の意味が解明され、菌類の言語を解読できるかもしれません。

また重要な点として、菌類がネットワークと電気信号で情報処理を行っている場合、菌類は体全体に脳としての働きがあることになります。

だいぶクレイジーな主張にも聞こえますが、SFでは菌類が作るネットワークに知性が宿るという設定もよくみられます。

もしかしたら、そこにはある程度の真実が含まれているのかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

菌のニュースfungi news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!