3800年前のチリで史上最大級の地震が起きていた
3800年前のチリで史上最大級の地震が起きていた / Credit: canva
history archeology

3800年前起きた「超巨大チリ地震」は、人類を千年間も沿岸地域から遠ざけていた! (2/2)

2022.04.15 Friday

前ページ3800年前に起きた「史上最大級の地震」の痕跡を特定

<

1

2

>

1000年間、沿岸部に寄り付かなくなっていた

約3800年前、アタカマ砂漠の沿岸部に住んでいたのは、狩猟採集民のコミュニティでした。

今回の発掘調査では、津波で破壊されたと見られる石造りの建物が堆積物の下から出土しており、さらに、津波の引き潮で海側に倒壊した建物も見つかっています。

津波で倒壊したと見られる石の構造物
津波で倒壊したと見られる石の構造物 / Credit: University of Southampton – Scientists discover ancient earthquake, as powerful as the biggest ever recorded(2022)

どれほどの人が被害を受けたかは定かでありませんが、災害後の遺物を調べてみると、同地には約1000年もの間、人々が寄り付かなくなっていたことが示されました。

サラザール氏によると、この地にはそれまで1万年近くも人々が住んでいたそうですが、当時の巨大地震は、彼らを内陸部へと移住させるのに十分なインパクトがあったのでしょう。

ゴフ氏は、次のように話します。

「地元住民には何も残されていませんでした。社会は大混乱に陥り、彼らは津波が及ばない内陸部へと移動していったようです。

人々が再び海岸に住むようになるには1000年以上かかっていますが、食料を海に頼っていたことを考えると、これは驚くべき長さです」

地層が灰色に変わる低部に、津波で運ばれた堆積物が大量に見られる
地層が灰色に変わる低部に、津波で運ばれた堆積物が大量に見られる / Credit: University of Southampton – Scientists discover ancient earthquake, as powerful as the biggest ever recorded(2022)

一方で、南太平洋に浮かぶ他の島々は、当時無人島であったため、地震や津波の人的な被害がなかったようです。

しかし現在は、これらの島々にも十分な人口があり、その多くは観光地にもなっています。

1960年のチリ地震でも、震源から遠く離れたハワイや日本にまで大きな被害が及んでいます。

今回発見された地震の正確な規模を推定するには、まだ調査が必要でしょうが、もしチリ地震以上の超巨大地震がこの地域から発生する可能性があるならば、日本を含め太平洋沿岸の地域は十分警戒しておく必要があるでしょう。

研究チームは、今回の発見について、「太平洋地域における地震と津波の危険性を理解し、次にこのような超巨大地震が発生したときに、その影響がどれ程になるかを知る上で、非常に重要な示唆を与えてくれる」と述べています。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!