ユーザーは「動画広告」を避けたがる
ユーザーは「動画広告」を避けたがる / Credit: jp.depositphotos
brain

2022.04.22 Friday

「動く広告」は認知負荷が高くて、逆にユーザーが避けてしまうと判明 (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

前ページ動画広告は「ユーザーの目」を遠ざけていた

<

1

2

>

動画より効果的な宣伝広告とは?

そこで、カシオーリとバルコーニの両氏は、マーケティング企業にとって「インタースティシャル広告」がますます有用になる可能性を指摘します。

インタースティシャル広告とは、モバイルアプリやウェブサイトで使われる宣伝手法のひとつで、画面やページの切り替え時に挿入される広告です。

これをクリックすると、リンク先の画面が別ウィンドウで一番手前にあらわれる「ポップアップ方式」で表示されます。

インタースティシャル広告の例。PayPayのホームページ。
インタースティシャル広告の例。PayPayのホームページ。 / Credit:PayPay

これと別に、両氏は「リワード広告」も有用性を増すと考えています。

リワード広告とは、アフィリエイト(成果報酬型)広告の一種で、広告のリンク先で、アプリのダウンロードや商品購入などの成果が発生すると、広告主から広告を表示する媒体に報酬が支払われるものです。

また最近では、ユーザーの購買記録や趣味嗜好に合わせて、適切な広告を表示するシステムも一般的になっています。

マーケティング担当者は今後、動画広告のように「こっちを見てくれ!」といった我の強いものでなく、ユーザーが心地よくスムーズに興味を示すような広告を提示する必要があるでしょう。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!