ハワイ上空に謎の渦が観測される
ハワイ上空に謎の渦が観測される / Credit:管理人_すばる(YouTube)_A ‘Mysterious’ Flying Whirlpool’ over Maunakea on 2022-04-17 / マウナケア天文台群上空を飛ぶ謎の渦巻き 2022年4月17日(2022), ナゾロジー編集
space
Mysterious Glowing Swirl Over Hawaii Was Actually a Dying SpaceX Rocket https://www.sciencealert.com/mysterious-flying-whirlpool-over-hawaii-was-actually-a-dying-spacex-rocket ‘Mysterious Flying Whirlpool’ in the Sky Was Not a UFO https://www.cnet.com/science/space/mysterious-flying-whirlpool-in-the-sky-was-not-a-ufo/

2022.04.22 Friday

ハワイ上空で謎の「渦巻く螺旋の輝き」が撮影される

2022年4月17日午前5時ごろ、ハワイ上空で輝く螺旋の渦が観測されました。

この謎の渦をとらえたのは、日本の国立天文台がハワイ観測所に置いた「すばる望遠鏡」です。

そしてすばる望遠鏡に設置された「星空ライブカメラ(国立天文台と朝日新聞が運営)」が、約5分にわたって渦巻きが移動したり回転したりする様子を記録しました。

ハワイ上空にいきなり現れたこの渦巻きの正体はいったい何だったのでしょうか?

その答えには、アメリカの「ある機密」が関係していたようです。

ハワイ上空に突然現れた謎の渦巻きの正体は!?

ハワイのマウナケア火山の山頂付近(標高4200m)は天候が安定しており、空気も澄んでいます。

天体観測に最適な場所の1つであるため、世界中の研究機関がこの場所に天文台を設置しています。

すばる望遠鏡(左)とそのドーム(右)
すばる望遠鏡(左)とそのドーム(右) / Credit:国立天文台

日本の国立天文台も、大型光学赤外線望遠鏡の「すばる望遠鏡」を運営。

そして朝日新聞宇宙部と国立天文台は、すばる望遠鏡に設置した高感度な「星空カメラ」を用いて、星空のライブ配信を行ってきました。

その星空カメラに不思議な現象が映ったのは、2022年4月17日午前5時ごろ(日本時間18日午前0時ごろ)でした。

ハワイ上空に「輝く螺旋」がいきなり表れたのです。

星空カメラが捉えた謎の飛行する螺旋
星空カメラが捉えた謎の飛行する螺旋 / Credit:管理人_すばる(YouTube)_A ‘Mysterious’ Flying Whirlpool’ over Maunakea on 2022-04-17 / マウナケア天文台群上空を飛ぶ謎の渦巻き 2022年4月17日(2022)

この光の渦は、動画でも確認できるように、ゆっくりと回転しながら移動しています。

最初は画面左端に登場しますが、その後は右に向かって移動していき、最終的には画面中央あたりでその姿を消しました。

映像は早回しになっていますが、実際には謎の渦は約5分間姿を現していたそうです。

では、この光の渦の正体は一体何なのでしょうか?

次ページ「謎の渦」の原因は、「謎の偵察衛星」打ち上げだった

<

1

2

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!