人類はいつから「義肢」を使っているのか?
人類はいつから「義肢」を使っているのか? / Credit: Jacqueline Finch., The Lancet(2011)
history archeology
3,000-Year-Old Artificial Toe Reveals Ancient Origins of Prosthetics https://www.ancient-origins.net/ancient-technology/ancient-prosthetics-001698
The ancient origins of prosthetic medicine https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(11)60190-6/fulltext

2022.07.17 Sunday

人類はいつ「義肢」を発明したのか?

現代の義肢は、複合材料による精巧な外観や軽量化が実現し、ロボット工学の応用で、柔軟な指の動きも再現されつつあります。

また、義手を腕の神経とつないで、考えるだけで指を動かせる技術も実現されています。

これらはすべて、ここ数十年における技術革新の賜物ですが、義肢の使用は何も現代に始まったことではありません。

失われた身体を補う補装具は、数千年前にはすでに存在していたのです。

では、現状見つかっている「最古の義肢」とは、一体どんなものだったのでしょうか?

ナゾロジーチャンネル動画公開中

動画は三次元! 次元の理解の仕方を解説

最古の義肢は「約3000年前のエジプト」にあった

2000年に、独ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU)の考古学研究チームは、驚くべき発見をしました。

古代エジプトの都市・テーベのネクロポリス(巨大墓地)にて、木と革でできた約3000年前の右足の義指が発掘されたのです。

この義指は、「タバケテンムート(Tabaketenmut)」と呼ばれる女性貴族のミイラに装着されており、彼女の生きていた年代は、紀元前950〜紀元前710年頃とされています。

ゆえに、義指の製造年代も3000年近く前のことと考えられます。

BC950~710年頃の義指
BC950~710年頃の義指 / Credit: Jacqueline Finch., The Lancet(2011)

学術誌『The Lancet』に掲載された2011年の論文では、「現状、おそらく最も古い義肢 」と述べられています。

また、似たような義指は同じテーベで他にも見つかっており、使用されているリネン(麻布)の分析から紀元前600年頃のものと推定されました。

先ほどの義指は木と革を用いていましたが、こちらは、リネンと石膏、樹脂を混ぜたものであることがわかっています。

このように古代エジプトでは、義肢の作成がすでに行われていたようですが、果たして実用性はあったのでしょうか?

「グレヴィル・チェスター(Greville Chester)」と呼ばれるBC600年頃の義指
「グレヴィル・チェスター(Greville Chester)」と呼ばれるBC600年頃の義指 / Credit: Jacqueline Finch., The Lancet(2011)

これについて、英マンチェスター大学(University of Manchester)のジャクリーン・フィンチ(Jaqueline Finch)氏は、「古代エジプトの義肢は主に、埋葬時に故人の身体欠陥を埋めるための意味合いがあった」と指摘します。

古代エジプトでは、「死後の世界」の思想が非常に強かったため、故人の身体が無傷であることが重要視されました。

フィンチ氏は「棺の内側に刻まれた碑文(紀元前2055年頃)や、パピルスに書かれた死者の書(紀元前1550年頃)には、死後の世界で”故人の再生”が行われるよう、欠損した身体を補完する重要性について言及されている」と述べています。

そのため、遺体処理者は木や石膏、おがくず、泥、砂、リネンなど、あらゆるものを使って死者の身体の「隙間」を埋めたのでした。

それを証明するかのように、ミイラの棺からは、手や足の他に、鼻や性器をかたどった義肢まで見つかっています。

(古代エジプトでは、子孫繁栄が死後の世界でも可能な活動だと信じられていた)

古代エジプトの義肢は宗教的な意味合いが強かった
古代エジプトの義肢は宗教的な意味合いが強かった / Credit: canva

ただし、これらの義肢が何の実用性もなく死者を飾るただの装飾品にすぎなかった、とは言い切れません。

フィンチ氏ら研究チームが、足の切断手術を受けた2名の患者さんに協力してもらい、古代エジプトの義肢のレプリカを装着してもらったところ、歩行の補助に有効であることが示されているのです。

つまり、これらの義肢は、宗教的な意味合いを持ちながら、実用性も兼ね備えていた可能性があります。

こうした義肢の使用は、古代人がいかに機知に富んだ生活を送っていたかを示すものですが、一方で、義肢の性能は、現代に至るまでそれほど進歩しなかったようです。

次ページ鋼鉄の右腕を持ったドイツ騎士「鉄腕ゲッツ」

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!