奴隷を蜂蜜まみれにしたファラオがいた
奴隷を蜂蜜まみれにしたファラオがいた / Credit: jp.depositphotos
history archeology
Egyptian Pharoah Pepi II Coated His Slaves in Honey to Use as Fly Traps https://www.ancient-origins.net/weird-facts/pepi-ii-slaves-0016752 Pepi II, the Egyptian king who covered naked slaves with honey to attract flies away from him https://face2faceafrica.com/article/pepi-ii-the-egyptian-king-who-covered-naked-slaves-with-honey-to-attract-flies-away-from-him Pharoah Pepi II – Flies and Honey http://www.creatinghistory.com/pharoah-pepi-ii-flies-and-honey/

2022.06.05 Sunday

奴隷を蜂蜜まみれにして「ハエ取り」にしたファラオがいた

古代エジプトには、すでに「蜂蜜」の文化がありました。

当時の人々が蜂を飼育し、燻煙器で眠らせ、蜜を採取している様子は壁画としても残っています。

古代エジプト人は蜂蜜を愛していたようですが、その中で、一風変わった蜜の使い方をしたファラオがいました。

それが、エジプト古王国・第6王朝のファラオ、ペピ2世(在位:紀元前2278〜2184年頃)です。

なんと彼は、奴隷を蜂蜜まみれにして「ハエ取り」にしたと伝えられています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

コロナウイルスのウソとホントがわからない? 科学的根拠のある医療とは?

100歳まで生きたペピ2世は「奇行」が過ぎた

ペピ2世は、古王国第6王朝の時代に、父王のペピ1世と、上エジプトの有力貴族クウイ家出身の母アンクネスペピ2世の間に生まれました。

記録によると彼は、紀元前2278年にわずか6歳の若さで王位を継承し、紀元前2184年まで生きたと伝えられています。

つまり、在位期間は実に94年で、年齢は100歳の大台に達しました。

ペピ2世は、歴史上最も在位期間の長い王として言及され、後世のエジプトでは「長寿」の代名詞として語り継がれたようです。

彼の幼少時は、王母のアンクネスペピ2世が代わりに実権を握って、エジプトを統治していました。

今でも、王母の膝の上に座るペピ2世の像が残っています。

母アンクネスペピ2世とペピ2世の像
母アンクネスペピ2世とペピ2世の像 / Credit: ja.wikipedia

ただ、幼い頃から王位にあったせいか、側近や部下に対する要求が非常に多く、かなり変わった行動を取っていました。

その証拠が、彼の部下であるハルクフフ(Harkhuf)に宛てた手紙に残っています。

ハルクフフは、エジプト南部ヌビア地方にあるアスワンの総督で、ペピ2世がヌビアに派遣した遠征隊の隊長でした。

手紙には「ピグミー(中央アフリカに住む小人族)の踊りが見たいので、丁重に捕まえて宮廷まで連れてくるように。そうしたら大いに報酬を与える」旨が記されています。

この手紙は、ハルクフフの墓から見つかり、世界最初の旅行記とも呼ばれています。

さらに、ペピ2世は大のハエ嫌いとして有名でした。

そこで彼は、男女問わず奴隷に大量の蜂蜜を塗りたくって、自分の部屋に立たせ、ハエ取りにしてしまったのです。

そのため、彼の近くには常に、蜂蜜まみれの裸の奴隷が立っていたといいます。

何人くらいの奴隷がどれくらいの時間、蜂蜜まみれで立っていなければならなかったのかは分かりませんが、彼らの忍苦には同情せざるを得ません。

しかし、ペピ2世がハエを嫌っていた一方で、古代エジプト人はハエを崇高な存在として認識していました。

とくに、いつまでもまとわりついてくるハエの執念は「粘り強さ」の象徴として高く評価されています。

そのため、戦場でそのような能力を発揮した兵士には、金で作られた「黄金のハエ」が贈られたという。

他にもハエのお守りは、金・銀・骨・ラピスラズリ・アメジストなど、様々な材料で作られました。

紀元前1600〜1070年頃に古代エジプトで作られた「金のハエの首飾り」
紀元前1600〜1070年頃に古代エジプトで作られた「金のハエの首飾り」 / Credit: Metropolitan Museum of Art CCO

そのお守りを身につけることで、虫刺されから身を守ったり、実際のハエを追い払うことができると信じられていたようです。

ペピ2世もハエ避けのために、このお守りを使ったりしたのでしょうか?

しかし、まったく効き目がなかったか、あるいは作り物のハエを見るのも嫌だったので、奴隷を蜂蜜まみれにしたのかもしれません。

また、彼が100歳まで生きたことを考えると、蜂蜜まみれを経験した奴隷もかなりの数に上ったことでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!