感情を評価・判断する脳領域を特定か
感情を評価・判断する脳領域を特定か / Credit: ja.wikipedia
brain

2022.06.04 Saturday

鉄の棒が脳を貫通して人が変わった男性、その原因となった「脳領域」を特定か (2/2)

前ページ鉄の棒が頭を貫通して性格が激変してしまった男性

<

1

2

>

前頭前野の損傷で「感情の判断」ができなくなる

「自分の感情について考え、判断を下す」というのは、少々わかりにくい表現かもしれません。

しかし、本研究主任のアジャイ・サトプート(Ajay Satpute)氏によれば、「私たちは常に感情に対して、何らかの評価や判断を下している」という。

たとえば、お葬式に出席してなぜか「笑い」がこみ上げてくると、その感情はその場にそぐわない「悪いもの」だと判断します。

あるいは、無礼な人に対して「怒り」を感じるとき、「ここで怒ってはいけない」と自分に言い聞かせることで、暴言を吐くのを抑えられるでしょう。

このように、感情に対する評価や判断は、社会への協調的な参入と、自分の間違った行動の抑制にとって有効なのです。

もしこれができずに、お葬式でゲラゲラ笑ってしまうと、すぐさま爪弾きにされるでしょう。

感情の評価は、社会への参入に必須
感情の評価は、社会への参入に必須 / Credit: canva

そしてサトプート氏のチームは今回の研究で、この感情の評価・判断を担っている脳領域を特定したと主張します。

25名の被験者を募り、さまざまな感情について判断する際の脳活動を、fMRI(機能的核磁気共鳴法)にて測定。

その結果、被験者が自らの感情を評価・判断している際に、内側前頭前野(mPFC)、腹内側前頭前野(vmPFC)、楔前部(けつぜんぶ、大脳の内側面にある脳回のひとつ)が最も活発に活動していることが判明しました。

これは、前頭前野が判断・評価・倫理的思考にとって重要であることを示す、これまでの研究を支持するものです。

ヒト前頭前野の外側・内側・眼窩面
ヒト前頭前野の外側・内側・眼窩面 / Credit: 脳科学辞典
オレンジ色の所が楔前部(左大脳半球の内側面、右側が前頭葉)
オレンジ色の所が楔前部(左大脳半球の内側面、右側が前頭葉) / Credit: ja.wikipedia

さらに、前頭前野は先のゲージが事故で損傷した脳領域と一致します。

つまりゲージは、自身の感情をうまく評価・判断する能力を失ったことで、社会的シチュエーションと感情表現がちぐはぐになり、性格がガラリと変わって見えたのかもしれません。

研究チームいわく、感情評価に注目した脳研究は、おそらく今回が初めてとのこと。

まだ初歩的な研究に過ぎませんが、今後の進展次第では、感情コントロールの訓練に役立つとも期待されます。

たとえば、どうしても社会的シチュエーションに反した感情表現をしてしまう人々にとって、大きな助けとなるかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!