頭突きで対決するジャコウウシ
頭突きで対決するジャコウウシ / Credit:Depositphotos
animals plants

頭突きで対決する動物って脳とか大丈夫なの? 研究者「駄目みたいです」

2022.05.31 Tuesday

Scientists See Signs of Traumatic Brain Injury in Headbutting Muskox https://www.mountsinai.org/about/newsroom/2022/scientists-see-signs-of-traumatic-brain-injury-in-headbutting-muskox Headbutts hurt the brain, even for a musk ox https://www.sciencenews.org/article/headbutt-brain-damage-musk-ox-tau-dementia
Evidence of traumatic brain injury in headbutting bovids https://link.springer.com/article/10.1007/s00401-022-02427-2

ボクサーやアメフト選手は、絶えず頭部に衝撃が加わるため、脳損傷のリスクを抱えながら戦っています。

実際、脳損傷が原因で亡くなったり、引退後に麻痺や認知障害を患ったりする人もいるようです。

では、頭突きで戦う動物たちは、同じようなリスクを抱えながら戦っているのでしょうか?

この疑問に答えるため、アメリカ・マウントサイナイ医科大学(Icahn School of Medicine at Mount Sinai)に所属する神経科学者ニコール・アッカーマンズ氏ら研究チームは、ジャコウウシ(学名:Ovibos moschatus)ビックホーン(学名:Ovis canadensis)の脳を直接検証しました。

研究の詳細は、2022年5月17日付の学術誌『Acta Neuropathologica』に掲載されています。

頭突きする動物は脳損傷から守られているのか?

ヒトは頭部への衝撃で脳に損傷を負う
ヒトは頭部への衝撃で脳に損傷を負う / Credit:Depositphotos

外傷性脳損傷(略称:TBI)」は、頭部に衝撃が加わることで起こる損傷です。

重症な場合は、認知機能や人格に大きな変化が生じたり、身体が麻痺したりします。

また軽度の外傷性脳損傷を繰り返し受けることで、数年たった後に認知症のような症状の「慢性外傷性脳症(略称:CTE)」を発症する場合もあります。

私たちヒトは、交通事故や過激なスポーツ(ボクシング・アメフト・アイスホッケーなど)によって、これらを患うことが多いと言われています。

ジャコウウシ
ジャコウウシ / Credit:Depositphotos

ところが「頭突きで戦う動物たちは脳に損傷を負わない」という通説があります。

例えばジャコウウシは、オス同士が頭突きしながら角を突き合わせて激しく争います。

突進時の速度は時速50km以上になることもあるのだとか。

それでも「頭突きする動物の脳は頭突きに耐える特別製であり、損傷しない」と考えらえてきました。

とはいえ、いくつかの研究では、ジャコウウシがボーっとしているなど、外傷性脳損傷の症状が見られるという報告も提出されています。

そこでアッカーマンズ氏ら研究チームは、これまで行われてこなかった頭突き動物の脳の直接検証を行うことにしました。

頭突き動物の脳はどのような状態になっているのでしょうか?

次ページ頭突きする動物の脳はやっぱり損傷していた

<

1

2

>

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!