童貞マウスは「バナナの香り」にビビッて児童虐待しなくなると判明
童貞マウスは「バナナの香り」にビビッて児童虐待しなくなると判明 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
biology
Why Virgin Male Mice Are So Scared by The Smell of This Common Fruit https://www.sciencealert.com/why-virgin-male-mice-are-so-scared-of-this-common-fruit
Olfactory exposure to late-pregnant and lactating mice causes stress-induced analgesia in male mice https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abi9366

2022.05.31 Tuesday

童貞マウスは「バナナの香り」にビビッて児童虐待しなくなると判明

バナナの香りは童貞を怖がらせるようです。

カナダのマギル大学(McGill University)で行われた研究によれば、出産前後の母マウスの尿に含まれる「バナナの香り」を発する化学物質が、オスマウスによる児童虐待を防止している可能性がある、とのこと。

オスマウスは自分の子供以外の子マウスを殺害する「子殺し」を行うことが知られています。

一方で研究では、母マウスの発するバナナの香りには特に交尾経験のない童貞マウスに対して「脅威」を感じさせ、子マウスに近づけないように働く可能性が示されています。

事実ならば、バナナの香りは子マウスを子殺しから守るバリア機能があると言えるでしょう。

研究内容の詳細は2022年5月20日付で『Science Advances』にて公開されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

切断された右腕を「刃の義手」にした中世イタリア戦士の遺体が見つかる!

バナナの香りにはオスマウスの児童虐待を防ぐ効果がある

バナナの香りにはオスマウスの児童虐待を防ぐ効果がある
バナナの香りにはオスマウスの児童虐待を防ぐ効果がある / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

発見は偶然からはじまりました。

マギル大学の研究者たちは以前からマウスの体や排泄物が発する化学物質が他のマウスに与える影響を調べていました。

ですがある日、妊娠中のメスマウスを使った実験を準備していると、隣のゲージで飼われているオスマウスに奇妙な行動変化が起こることに気が付きました。

研究者たちがオスマウスの動きを観察したところ、オスのみせる行動は、ストレスを受けているときのものと酷似していることが判明します。

そこで興味をもった研究者たちは、妊娠前後のメスマウスにオスマウスを近づけて、生理学的な変化が起こるかを確かめました。

結果、妊娠中および授乳中のメスマウスに近づけられたオスマウスでは、ストレスホルモンとして知られるコルチコステロイドの血中濃度が増加していることが判明。

また痛覚の敏感さを測定したところ、オスマウスたちの痛覚が鈍くなっていることが判明します。

このような変化は通常、強いストレスを感じているときにみられるものです。

(※ストレスホルモンは体を戦いに備えさせ、痛みに鈍感になることで敵に打ち勝ちやすくなる効果があります)

そこで研究者たちは、メスマウスが分泌する尿を採取して、妊娠中および授乳中に起こる成分変化を調査しました。

マウスにとって尿は嗅覚を使ったメッセージの伝達媒体として使われていることが知られていたからです。

結果、妊娠中および授乳中の母マウスの尿には「バナナの香り」成分として有名な「酢酸アミル」が増加していることが判明します。

しかしこの段階では、酢酸アミルがオスマウスにストレスを与えているかは不明でした。

そこで研究者たちは地元のスーパーマーケットでバナナ油を購入し、オスマウスに嗅がせてみました。

するとバナナ油によってオスマウスのストレスレベルを有意に増加していることが判明。

また酢酸アミルの香りに晒されてからわずか5分でオスマウスの痛覚が鈍化しはじめ、影響が和らぐには60分かかることが判明しました。

この結果は、酢酸アミルによってオスマウスの体が戦いに備えたストレス状態にあることを示しています。

研究者たちは、メスマウスの発する酢酸アミルはオスマウスに対して、あたかも戦いの前のようなストレス状態を誘発することで「子供たちに近づいたら攻撃する」というメッセージを伝えているのだと結論しました。

実際、妊娠中および授乳中のマウスに「見知らぬオスマウス」と「父親マウス」の2種類のマウスを接近させたところ「見知らぬオスマウス」を接近させたときに、より頻繁に尿でマーキングを行うことが判明しました。

しかしより興味深いのは、オスの交尾経験によって効果が違う点にありました。

次ページ童貞マウスは「バナナの香り」にビビりやすい

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!