ひきこもりの人は血液検査で特別な結果が出ると判明
ひきこもりの人は血液検査で特別な結果が出ると判明 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
medical

心だけの問題じゃない? ひきこもりは血液検査で判別できると判明

2022.06.06 Monday

Finding the biological roots for pathological social withdrawal, Hikikomori https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/724
Blood metabolic signatures of hikikomori, pathological social withdrawal https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/19585969.2022.2046978

ひきこもりを採血で判定できるかもしれません。

日本の九州大学で行われた研究によって、ひきこもりの人々の血液成分は健常者とは異なる特定のパターンをとることが示されました。

また血中成分のパターンをひきこもりの重症度と合わせてAIに学習させたところ、血液成分の情報のみで、その人がひきこもり状態にあるか判定でき、またその重症度も高い精度で予測できるようになりました。

どうやら、ひきこもりが起こる背景には単なる心理的な要素だけでなく、血中成分の変化を伴う生物学的な要因も潜んでいるようです。

研究内容の詳細は2022年6月1日付で『Dialogues in Clinical Neuroscience』にて公開されました。

ひきこもりの人々は血液検査で特別な結果が出ると判明

ひきこもりの人は血液検査で特別な結果が出ると判明
ひきこもりの人は血液検査で特別な結果が出ると判明 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

ひきこもりは6カ月以上、自宅にとどまり続ける状態とされており、現在国内には110万人以上のひきこもりの人々がいると推定されています。

しかし、ひきこもりについて社会は「甘え」や「恥」などの心理的な側面ばかりに目を向けており、医学的・生物学的な変化は十分に調べられていませんでした。

そこで今回、九州大学の研究者たちは、ひきこもり状態にある42人と健常者41人の血液を採取し、成分の比較を行うことにしました。

(※採血の対象となったひきこもり者と健常者はともに、日常的な薬の服用が行われていない人々が選ばれました)

ひきこもりの人は血液ではアルギニンとビリルビンが減少している。補うことができればひきこもり症状を緩和できるかもしれない
ひきこもりの人は血液ではアルギニンとビリルビンが減少している。補うことができればひきこもり症状を緩和できるかもしれない / Credit:九州大学 . Finding the biological roots for pathological social withdrawal, Hikikomori

結果、ひきこもり者の血液では男女ともに長鎖アシルカチニンが有意に高いことが判明します。

また特に男性のひきこもり者の血液ではアルギニン分解酵素とオルニチンの値が高く、アルギリンとビリルビンの値が低くなっていました。

人間の体内では、アルギニンはアルギニン分解酵素によってオルニチンと尿素に分解されることが知られています。 研究者たちは男性のひきこもり者の血液ではアルギニン分解酵素が多く存在するため、分解元となるアルギニンが少なくなって、分解産物のオルニチンが増加していると結論しています。 アルギニンは体内のエネルギー生産を補助する滋養強壮に効果があるため、栄養ドリンクなどでは定番の成分となっています
人間の体内では、アルギニンはアルギニン分解酵素によってオルニチンと尿素に分解されることが知られています。 研究者たちは男性のひきこもり者の血液ではアルギニン分解酵素が多く存在するため、分解元となるアルギニンが少なくなって、分解産物のオルニチンが増加していると結論しています。 アルギニンは体内のエネルギー生産を補助する滋養強壮に効果があるため、栄養ドリンクなどでは定番の成分となっています / Credit:九州大学 . Finding the biological roots for pathological social withdrawal, Hikikomori

また血液成分のパターンをひきこもりの重症度と共にAIに学習させたところ、AIは血液成分の情報のみで、採血した人間がひきこもりであるか、またひきこもりである場合の重症度を高い精度で予測できるようになりました。

この結果は、ひきこもりはうつ病や気分障害と同じく、医学的・生物学的な変化が背景に潜んでいることを示します。

次ページ抗うつ薬の代りに「抗ひきこもり薬」が処方されるようになるかも

<

1

2

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!