エリザベス1世の死因は「メイクアップ」だった?
エリザベス1世の死因は「メイクアップ」だった? / Credit: Focus Features
history archeology

2022.09.21 Wednesday

エリザベス1世を死に至らしめたのは「白塗りメイク」だった⁈ (2/2)

前ページエリザベス1世が「化粧」をするようになった理由とは?

<

1

2

>

女王を衰弱させた「化粧品」の成分とは?

ヴェネチアン・セルーズは、顔の美白にとても有効な化粧品でしたが、原料に「鉛白(えんぱく)」という白色顔料が使われていました。

鉛白は今では有な化学物質であることが知られており、鉛中毒を起こして、抜け毛や肌の劣化を招きます。

ヴェネチアン・セルーズを愛用したエリザベス1世も、この症状に悩まされることになりました。

※ ちなみに、日本で古くから重宝された「白粉(おしろい)」にも鉛白が使用されていました。

こちらも鉛中毒が問題になり、明治に入って、無鉛白粉が発明されるとともに、1900(明治33)年には鉛白粉が使用禁止となっています。

また、口紅の染料には辰砂(しんしゃ)が使われており、これはよく知られている通り毒性の高い「水銀」を主成分とする鉱物です。

水銀中毒は、うつ病や記憶喪失の原因となり、最悪の場合は死に至ることもあります。

加えて、エリザベス1世は、抜け毛を隠すためにかつらをつけ始めたのですが、そのかつらも辰砂で赤く染められていたのです。

辰砂の結晶
辰砂の結晶 / Credit: ja.wikipedia

さらに悪いことに、エリザベス1世は、メイクによる容姿の衰えをメイクによって隠そうとしました。

皮膚が劣化していくにつれ、化粧の量を増やす悪循環に陥ったのです。

それから、化粧を1週間もつけっぱなしにすることが多く、鉛や水銀がどんどん体内にしみ込んでいきました。

次第に、彼女は心身ともにボロボロの状態になり、後年に深刻なうつ病を発症したのは有名な話です。

彼女はもはや、宮廷のどの部屋にも鏡を置くことを拒みました。

また記録によると、うつ病の他に、認知能力の低下とせん妄(時間や場所がわからなくなる見当識障害)の兆候も見られたといいます。

後年のエリザベス1世の肖像画(1595年頃の作品)
後年のエリザベス1世の肖像画(1595年頃の作品) / Credit: en.wikipedia

しかしどれだけボロボロになっても、女王の仕事を投げ出すことはありませんでした。

彼女は一度座れば、二度と立ち上がれなくなることを恐れたのか、休むことなく、何時間も立ち続けて政務に当たりました。

医師に自分の体を診断させるのも固く拒んだといいます。

彼女はすでに自分の死期を悟っていたのかもしれません。

その後、エリザベス1世は、スコットランドのジェームズ6世を後継者に指名したのち、1603年3月24日(69歳)に静かに息を引き取りました。

死後の解剖が行われなかったため、正確な死因については定かでありません。

一説には、がんや気管支炎が原因だったとする意見もあります。

しかし、数十年にわたるメイクの蓄積が、彼女の死期に関係していた可能性は高いでしょう。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!