植物にエタノールを投与すると高温耐性がつく
植物にエタノールを投与すると高温耐性がつく / Credit:関 原明(理研)_エタノールが植物の高温耐性を高めることを発見-農作物を高温に強くする肥料や技術の開発に期待-(2022)
plants

2022.06.24 Friday

レタスにお酒を与えると高温耐性がつくと判明! 温暖化に強い作物が作れるかも (2/3)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない!?

前ページエタノールを投与すると植物に高温耐性がつく

<

1

2

3

>

作物の「ストレス耐性」を高めるには?

まず、植物がもつストレス耐性のメカニズムについて考えてみましょう。

作物が環境の変化でダメになってしまうのは、なぜでしょうか?

その原因の1つには、小胞体(しょうほうたい)が関係しています。

小胞体とは、動植物の細胞内に存在する小さな器官です。

ここでは動植物が生存していくのに欠かせないタンパク質の加工(フォールディング)が行われています。

タンパク質の加工(フォールディング)のイメージ画像
タンパク質の加工(フォールディング)のイメージ画像 / Credit:DrKjaergaard(Wikipedia)_フォールディング

しかしこの加工プロセスは、外部の刺激(環境ストレス)に非常に敏感です。

そのため高温や乾燥、病害などが原因で、タンパク質を正しく加工できず、不完全なタンパク質を蓄積してしまうのです。

タンパク質が正しく加工されないので、作物であれば当然元気に育たず、ダメになります。

しかし生物は優秀なので、この「タンパク質の加工失敗」に対処するシステムも持ち合わせています。

それが小胞体ストレス応答(UPR)と呼ばれる機能です。

これによって、作物はある程度の環境ストレスに耐えられる、というわけです。

では、もっと大きな環境ストレスに耐える作物を生み出すにはどうすれば良いでしょうか?

小胞体ストレス応答をパワーアップさせれば良いのです。

次ページなぜお酒で作物は高温耐性を持つのか?

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

植物のニュースplants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!