ドミノ倒しの速度を決める要素とは?
ドミノ倒しの速度を決める要素とは? / Credit:Depositphotos
physics
How fast a row of dominoes topples depends on friction https://www.sciencenews.org/article/physics-falling-dominoes-friction Friction Is Key in Domino Physics https://physics.aps.org/articles/v15/83
Effects of Friction and Spacing on the Collaborative Behavior of Domino Toppling https://journals.aps.org/prapplied/abstract/10.1103/PhysRevApplied.17.064021

2022.07.01 Friday

ドミノの倒れる速度はどうやって決まるのか?

テレビ番組や動画サイトで「ドミノ倒し」を見ているとき、ドミノの倒れる速度にかなりバラつきがあることに気づいている人は多いでしょう。

これは単純に配置するドミノの間隔だけで決まっているようにも見えますが、その物理学的なメカニズムは想像より複雑です。

最近、カナダ・モントリオール理工科大学(Polytechnique Montreal:POLY)に所属するデイビッド・カンター氏ら研究チームは、ドミノ倒しのスピードを決める要素をシミュレーションで導き出しました。

その結果、摩擦やドミノ同士の間隔が大きく関係していると判明。

研究の詳細は、2022年6月22日付の科学誌『Physical Review Applied』に掲載されました。

ドミノが「後方に滑る」動画がきっかけに

ドミノ倒しは子供でも楽しめる単純な遊びですが、メカニズムについては、まだ完全に解き明かされていません。

そこで科学者たちは、ドミノ倒しの現象を物理学的に説明しようとしてきました。

例えば、YouTubeで動画配信しているエンジニアのダスティン・サンドリン氏は、2017年にドミノ倒しの実験動画を公開しています。

その中では、ドミノの倒れ方が床の素材で変化すると報告されました。

滑りやすい床でのドミノ倒し。ドミノが後方に滑っている
滑りやすい床でのドミノ倒し。ドミノが後方に滑っている / Credit:SmarterEveryDay(YouTube)_250,000 DOMINOES! – The American Domino Record – Smarter Every Day 178(2017)

滑りやすい(摩擦が小さい)床に並べたドミノは、滑りにくい床に並べたドミノに比べて、後ろに滑りながら倒れる傾向があったのです。

滑りにくい床でのドミノ倒し。ドミノの位置はほとんど変わらない
滑りにくい床でのドミノ倒し。ドミノの位置はほとんど変わらない / Credit:SmarterEveryDay(YouTube)_250,000 DOMINOES! – The American Domino Record – Smarter Every Day 178(2017)

とはいえサンドリン氏の実験では、これらの要素が、ドミノ倒しのスピードにどのような影響を与えるか解明するには至りませんでした。

ところが最近になって、この動画に着目したデイビッド・カンター氏が、摩擦とドミノが倒れる速度の関係性を解明しようと考えました。

彼の研究チームは、200個のドミノを使ったシミュレーションを1210回行って、ドミノ倒しの物理学を追求したのです。

次ページドミノ倒しをスピードアップさせるのは「摩擦」と「間隔」

<

1

2

>

物理学のニュースphysics news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!