デング熱やジカ熱に感染すると多くの蚊がよってくる
デング熱やジカ熱に感染すると多くの蚊がよってくる / Credit:Depositphotos
medical
How some viruses make people smell extra-tasty to mosquitoes https://www.nature.com/articles/d41586-022-01764-2 Viruses can change your scent to make you more attractive to mosquitoes, new research in mice finds https://theconversation.com/viruses-can-change-your-scent-to-make-you-more-attractive-to-mosquitoes-new-research-in-mice-finds-185833 Mosquitoes Drawn to Hosts Infected by Dengue, Zika https://www.the-scientist.com/news-opinion/mosquitoes-drawn-to-hosts-infected-by-dengue-zika-70177
A volatile from the skin microbiota of flavivirus-infected hosts promotes mosquito attractiveness https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35777355/

2022.07.05 Tuesday

ウイルスは蚊が自分たちを媒介していると知って利用していた!

毎年100万人以上の人々が、デング熱ジカ熱などの「蚊媒介感染症」によって亡くなっています。

そして最近、中国・清華大学(Tsinghua University)の研究チームにより、これらのウイルスが、多くの蚊を寄せつけるよう感染者の体臭を変化させているという発見を報告しました。

つまり、ウイルスは蚊が自分たちの拡散に利用できると気づいており、感染者の体臭を変化させることで蚊をおびき寄せ、感染症を加速的に拡大させる戦略をとっていたというのです。

研究の詳細は、2022年6月30日付の科学雑誌『Cell』で発表されました。

ウイルスが「蚊にとって魅力的な体臭」へと変化させる

蚊は、体温や息に含まれる二酸化炭素、匂いなどを手がかりとして、血液を吸う対象を探していると考えられています。

そして、その蚊にとって魅力的な匂いは、蚊が媒介するウイルスに感染した場合、特に強化される可能性があるようです。

実際2014年の研究では、マラリアに感染したマウスの体臭が変化し、蚊にとって魅力的な匂いを放つようになったという報告があります。

これはウイルスが、自分たちの繁栄(感染症の拡大)のために、蚊を利用することを学んでいる可能性を示唆するものです。

そこで今回、チェン氏ら研究チームは、同じく蚊媒介感染症であるデング熱やジカ熱のウイルスについて調査することにしました。

最初の実験では、デング熱やジカ熱に感染したマウスと、感染していない健康なマウスをそれぞれ用意しました。

そしてネッタイシマカを入れた容器にそれぞれのマウスの匂いを漂わせ、どちらのマウスにより多くの蚊が集まるかを比較したのです。

右がウイルスに感染したマウス。感染マウスに蚊はより多く集まっている
右がウイルスに感染したマウス。感染マウスに蚊はより多く集まっている / Credit:Gong Cheng(Tsinghua University)_Mosquitoes Drawn to Hosts Infected by Dengue, Zika(2022 The Scientist)

その結果、約70%の蚊が感染したマウスの方に集まりました。

ちなみに感染の有無で二酸化炭素の排出量は変化しませんでした。

また体温に違いのあるマウスを蚊が区別しなかったことから、体温が要因である可能性も否定できます。

つまり、デング熱とジカ熱に感染したマウスは、蚊にとって魅力的な匂いを発していたと考えられるのです。

では、この「蚊にとって魅力的な匂い」とはいったい何だったのでしょうか?

次ページウイルス感染でアセトフェノンが増加!感染拡大を助長していた

<

1

2

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!