犬が多い地域ほど、犯罪率が少なくなると判明
犬が多い地域ほど、犯罪率が少なくなると判明 / Credit: canva
animals plants
More dogs in the neighborhood often means less crime https://news.osu.edu/more-dogs-in-the-neighborhood-often-means-less-crime/ Paw-trolling the streets! Neighborhood with more dogs have lower levels of homicide, robbery and aggravated assault because the canines act as extra eyes that deter criminals, study finds https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-10984585/Neighborhood-dogs-lower-levels-crime-study-finds.html
Paws on the Street: Neighborhood-Level Concentration of Households with Dogs and Urban Crime https://academic.oup.com/sf/advance-article-abstract/doi/10.1093/sf/soac059/6617669?redirectedFrom=fulltext&login=false

2022.07.10 Sunday

犬の飼い主が多い街ほど、犯罪率が低くなると判明!

平和な街に住みたいなら、「犬を飼う人」がたくさんいる地域を選ぶといいかもしれません。

このほど、米オハイオ州立大学(OSU)の研究で、犬を飼っている人の多い地域は、暴行や強盗、殺人といった犯罪発生率が低くなることが明らかになりました。

これは、犬と散歩する飼い主たちが、地域を監視する「目」となり、犯罪行為の抑止力として働いているからだと考えられます。

また、犬の多さに加えて、住民同士の信頼度が高い地域ほど、犯罪防止効果はさらに高まったとのことです。

研究の詳細は、2022年6月25日付で学術誌『Social Forces』に掲載されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

動画は三次元! 次元の理解の仕方を解説

犬の散歩が、犯罪を予防する「抑止力」となる

本研究では、アメリカ北東部オハイオ州の中央に位置するコロンバス地域において、595の国勢調査細分区グループ(census block group)を対象に、2014年から2016年の犯罪統計を分析しました。

※ 国勢調査細分区グループ:米国勢調査局が、標本調査(一部の標本世帯のデータだけを集める調査)を行って統計を作成する際の最も小さな地理的単位のこと。

また、マーケティング会社が住民にを飼っているかどうかを質問した2013年のデータと、青少年の健康・発達を調べる「Adolescent Health and Development in Context」のデータを分析。

※ Adolescent Health and Development in Context:オハイオ州の11〜17歳の青少年について、心身の健康や教育適正化、危険な行動や被害など、心理社会的な健康・発達レベルを調査するもの

さらに研究チームは、コロンバスの住民に対し、「近隣住民は信頼できるか」「相互にどれほど信頼を持っているか」を評価してもらいました。

以上の調査から、「地域における犬の多さ」「犯罪率の高低」「住民相互の信頼度」の3点を比較検討します。

犬の多さと犯罪率の少なさが関係していた?
犬の多さと犯罪率の少なさが関係していた? / Credit: canva

データ分析の結果、犬の密集度が高い地域では、密集度の低い地域に比べて、明確に犯罪発生率が少ないことが示されました。

具体的には、強盗の発生件数が約3分の2、殺人の発生件数が約半分であることが判明しています。

これについて、研究主任のニコロ・ピンチャック(Nicolo Pinchak)氏は「近隣に犬が多いことは、住民同士の信頼度の高低にかかわらず、犯罪件数の減少と関係していた」と指摘。

「おそらく、犬の吠え声や犬を見かけるだけでも、犯罪を思いとどまらせる力となるのでしょう」と説明します。

そしてここに、「住民相互の信頼度が高い」という第3の要因が加わると、さらに犯罪率は減少していました。

これは例えば、犬の散歩途中に他の住民と立ち話をすることで、周囲を監視する目になったり、近隣の近況について話し合う機会になったりします。

確かに犬の飼い主は、散歩の際、自らの飼い犬や相手の犬を通じてコミュニケーションを取る機会が多く、一人で散歩に出る場合より、地域の人と交流を図る機会は多くなるでしょう。

つまり、何気なくしている毎日の犬の散歩や井戸端会議が、自然と、町のパトロールや犯罪の抑止力になっていたのです。

犬の散歩は街のパトロールになっていた
犬の散歩は街のパトロールになっていた / Credit: canva

この結果は、犯罪発生に関する様々な要素(近隣の若い男性の割合、住民の経済的な不安定さ、社会的地位など)を考慮しても、変わりませんでした。

このことから、犬の多さと住民同士の信頼度は、明らかにその街の犯罪を減らす効果を持っている、と結論できます。

加えて、近年の研究によると、犬を飼うことには、うつ病や不安症、ストレスの軽減にも役立つ結果が指摘されており、犯罪の予防以外にも多くのメリットがあります。

犬を飼う人が増えれば、街が平和になる上に、心身ともに健康な人も増える。

やはり、犬は人類にとって”最良のパートナー”と言えるでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!