水上を自動で掃除する「ウェイストシャーク」
水上を自動で掃除する「ウェイストシャーク」 / Credit:RanMarine Technology
technology
autonomous-drone wasteshark vacuums plastic waste and biomass from water https://www.designboom.com/technology/drone-wasteshark-ranmarine-technology-plastic-waste-biomass-07-04-2022/#

2022.07.08 Friday

まるで「水上版ルンバ」! 水上のゴミを掃除する自律型ロボット

川や湖に浮かぶアオコやゴミを見ていて「ルンバみたいな掃除機を泳がせて水面を掃除できないものか?」と考えたことはないでしょうか

そんな思いを実現させる掃除機が登場しました。

オランダの企業「RanMarine Technology」は、自動で水域を掃除してくれるロボット「ウェイストシャーク(英訳:WasteShark)」を開発

まるで「水上版ルンバ」とも言えるウェイストシャークによって、海洋廃棄物の問題に対処できるようになるかもしれません。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

港や水路に浮かぶゴミを回収してくれる「水上ロボット掃除機」

ラン・マリーン・テクノロジー社が開発したウェイストシャーク(Waste:廃棄物、Shark:サメ)は、その名の通り、海洋廃棄物を掃除してくれる自律型ドローンです。

ウェイストシャークはジンベイザメが摂食するかのように、ゴミを収集する
ウェイストシャークはジンベイザメが摂食するかのように、ゴミを収集する / Credit:(上)Depositphotos, (下)RanMarine Technology

箱型ロボットであり、大きく開いた口から水上に浮かぶさまざまなゴミや藻を吸い込んで掃除してくれます。

その姿はまるで、ジンベイザメが大きな口を開いてプランクトンや海藻を食べているかのよう

157cm×109cm×57cmのサイズであり、重さは72kg。最高速度3km/hで水上を移動できます。

これまでにも水上掃除ロボットは開発されてきましたが、このウェイストシャークの特徴は、その自律性にあります。

水域を設定すると自動で掃除してくれる
水域を設定すると自動で掃除してくれる / Credit:RanMarine Technology

ドローン技術のシステムが搭載されたウェイストシャークは、あらかじめ特定の水域やルートを指定することで、自動で掃除してくれるのです。

稼働時間は10時間であり、1日あたり500kgものゴミを取り除くことができるのだとか。

しかもGPSによって、目的水域までの移動とホームへの帰宅も自動で行います。

まさに放っておけば自動でお掃除してくれる「水上版ルンバ」というわけです。

1日当たり500kgものゴミ収集が可能
1日当たり500kgものゴミ収集が可能 / Credit:RanMarine Technology

さらにウェイストシャークはpHや塩分濃度などの水質データを集めることも可能

いくつかの水域で稼働させるなら、データを統合して水質マップを作成できます。

とはいえ、海洋清掃船など、すでに海を掃除するための大きな装置や船は存在します。

そのためウェイストシャークは、船舶などが入り込めない比較的小さな水域や港付近、池、水路などで活躍するでしょう。

比較的小規模な水域で役立つ
比較的小規模な水域で役立つ / Credit:RanMarine Technology

日本の自治体にもぜひ購入してほしくなる商品ですが、現在のところこの小規模な掃除によって、環境問題をどの程度改善できるかは未知数です。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!