ついにフグ毒の簡易な「人工合成法」が開発される!
ついにフグ毒の簡易な「人工合成法」が開発される! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
chemistry

2022.07.25 Monday

ついにフグ毒「テトロドトキシン」の簡易な人工合成法が開発される! (2/2)

前ページついにフグ毒の簡易な「人工合成法」が開発される!

<

1

2

>

フグ毒合成の歴史は1世紀に及ぶ

フグ毒研究において日本は主導的な役割をしています
フグ毒研究において日本は主導的な役割をしています / Credit:Canva

今回の研究によって、フグを人工的に合成する効率的な方法が示されました。

テトロドトキシンの合成技法はコンピューター技術における円周率のような存在であり、発見から1世紀以上にわたり、合成化学における技術発展の指標となってきました。

複雑な構造を持つテトロドトキシンをいかにして簡単かつ効率的に作れるかに多くの研究者たちが挑戦し、技術発展に大きく貢献してきたのです。

また研究者たちは「テトロドトキシンが持つ強力な神経遮断効果は、依存性のない究極の鎮痛薬を開発するにあたり、大きなヒントになる可能性がある」と述べています。

神経細胞の活動を直接的に沈黙させる効果が利用できれば、痛みが脳へ伝達されるを防ぐことも可能になるからです。

(※生のフグ毒を痛み止めに使ってはいけません)

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

化学のニュースchemistry news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!