17世紀に月面旅行を計画していた天文学者が存在した!
17世紀に月面旅行を計画していた天文学者が存在した! / Credit: canva(左)、commons.wikimedia(右)
history archeology

2022.08.10 Wednesday

万有引力の法則発見より前に「月面旅行」を計画していた人物がいた! (3/3)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

前ページ「あるラインを超えれば、地球の引力から解放される」

<

1

2

3

>

月面旅行は「空飛ぶ四輪車」で可能⁈

ウィルキンスは、1648年の著書『Mathematical Magick; or, The wonders that may be performed by Mechanical Geometry』の中で、不思議な機械の設計図をいくつも記載しています。

その一つとして考案されたのが、人をに運ぶための装置「空飛ぶ四輪車(Flying Chariot)」です。

その外観はまさにファンタジックかつ非現実的なもので、バスタブのような胴体に4つの車輪と回転式の翼が備えられていました。

この設計から、大気圏への突入や宇宙の気圧状態のことなど、ウィルキンスの頭にはなかったことがうかがえます。

ただひたすら、上空32キロさえ超えれば、地球は脱出できると信じていたのです。

ジョンの考案した月面旅行のための有人ロケット
ジョンの考案した月面旅行のための有人ロケット / Credit: Historia Mathematica – Das Deutsche Museum mit neuen Ausstellungen

彼の説明によると、「空飛ぶ四輪車」はバネ仕掛けの車輪と火薬を動力源としており、それを使って地表から発射し、上空では回転式の翼で機体をコントロールすることができるという。

また、地球から月への往復の旅には、約6カ月(180日間)を要すると想定していました。

ウィルキンスは著書の中で、翼をどのような素材でコーティングするかについては議論が必要であり、多くの素材で実験して、適切なものを見つけることを勧めています。

こちらは、オックスフォード大学ワダム・カレッジの歴史学者、アラン・チャップマン(Allan Chapman、1946〜)氏が描いた「空飛ぶ四輪車」の想像図です。

チャップマン氏が描いた「空飛ぶ四輪車」のイメージ図
チャップマン氏が描いた「空飛ぶ四輪車」のイメージ図 / Credit: archaeologynewsnetwork – The Jacobean Space Programme: The Life Of John Wilkins(2014)

当然ながら、「空飛ぶ四輪車」が実際に造られることはなく、ウィルキンスの提案した月面旅行計画も忘れ去られました。

しかし、既成概念に縛られない彼の自由な発想は、その後、何世代にもわたって多くの科学者たちにインスピレーションを与えています。

人類は万有引力の発見以前から月面旅行に思いを馳せていました。そしてその夢はウィルキンスから300年のちに誕生したアポロ11号によって、それは見事に現実のものとなったのです。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!