ネパールの少数民族の「ノー」が存在しない言語
ネパールの少数民族の「ノー」が存在しない言語 / Credit: canva
society

2022.08.15 Monday

「ノー」が存在しない!ネパールの少数民族が使う「クスンダ語」とは (3/3)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

「重いものと軽いものが同時に落ちるのはなぜ?」重力の不思議な性質を解説!

前ページ「ノー」が存在しない言語

<

1

2

3

>

クスンダ語を絶滅から救うことはできるか?

クスンダ語の最後の話者であるカマラ・カトリさんは、クスンダ語が周囲から差別的に見られたり、社会では役に立たないことから、自分の子どもにはクスンダ語を教えず、ネパール語を学ばせたといいます。

しかし今では、「自分たち本来の言葉で子どもと会話できないことを後悔している」と話します。

そこでカトリさんは現在、ネパール言語委員会と協力して、地元住民10名を生徒にクスンダ語を教えているという。

「定期的に練習し、話したり、歌を歌うことができれば、この先も私たちの言語を守り続けることができるかもしれません」とカトリさんは言います。

また、ネパール言語委員会は2019年から、ネパール西部・ダーン郡にて、クスンダ語を守るための言語教室を運営し始めました。

自身もクスンダ族である18歳の女性、ヒマ・クスンダ(Hima Kusunda)さんも教室に参加している生徒の一人です。

ダーン郡に隣接するピュータン郡の出身であるヒマさんは、2年前からクスンダ語を学んでおり、今では基本的な会話までできるようになりました。

クスンダ語を子供たちに教えている様子(ヒマさんのユーチューブチャンネルより)
クスンダ語を子供たちに教えている様子(ヒマさんのユーチューブチャンネルより) / Credit: Hima Kusunda intertenment(youtyube, 2022)

ヒマさんは、こう話します。

「ダーンの教室に参加する前は、クスンダ語をまったく話せませんでした。しかし、今はクスンダ語を学べることを誇りに思っています。

この言語を守ることは、私にとっても、他の人にとっても大切なことだと感じています」

ヒマさんは将来、語学の教員免許を取得して、クスンダ語を子どもたちに教えたいと考えているそう。

クスンダ語の未来を守る取り組みは、すでに始まっているようです。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

社会のニュースsociety news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!