溶けにくいのはどんなアイス?
溶けにくいのはどんなアイス? / Credit:Canva
physics
Ditch the ice lollies! Scientists say ice creams with a hard chocolate coating are the best to enjoy during the heatwave as the external shell’s higher melting point offers a layer of protection to the soft interior https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-11098613/Scientists-say-ice-creams-hard-chocolate-coating-best-enjoy-heatwave.html

2022.08.13 Saturday

暑くても溶けにくいアイスの条件は? 物理学者が猛暑日でも食べやすいアイスを調査

暑い夏こそ冷たいアイスを食べたいものですが、どうしてもすぐに溶けてしまいます。

特に夏の気温が上がり続けている昨今、ゆっくりアイスを味わう時間も減ってしまい、すぐに手がベトベトになってしまいます。

そこで、イギリスのノッティンガム・トレント大学(NTU)に所属する物理学者エドワード・ブリード氏が、数種類のアイスをピックアップして実験し、溶けにくいアイスの特徴を教えてくれています。

夏でも溶けにくいアイスはどれ?

猛暑日でもアイスを最後まで美味しく食べるには?
猛暑日でもアイスを最後まで美味しく食べるには? / Credit:Canva

今や日本で、夏に30℃を超える日は珍しくありません。

ブリード氏が住んでいるイギリスでも、一部の地域では同レベルの気温なのだとか。

では、こうした熱波の中でも最後まで美味しく食べられるアイスクリームとは、どんなものでしょうか?

ブリード氏は、アイスメーカー「アイスランド」から依頼を受けて研究を行い、この疑問に対する答えを提出してくれました。

実験室の中で夏の条件を再現し、硬さ、形状、大きさが異なる数種類のアイスをピックアップし、それぞれの溶ける速度や耐えられる気温を測定したのです。

以下は、実験対象になったアイスと、それぞれが溶けないで食べきれる気温を示しています。

実験対象になったアイス。下記の番号と対応
実験対象になったアイス。下記の番号と対応 / Credit:①vimto, ②capri-sun, ③④⑤⑥⑦⑧iceland
  1. ヴィムト・ツイスト・ロリー(Vimto Twist lollies) : 17°C
  2. カプリサン・フリージー(Capri-Sun Freezies) : 21°C
  3. アイスブレーカー(Ice Breakers) : 22°C
  4. スウィズル ラブハーツ ジャイアントチェリー&オレンジクリーミーアイスロリー(Swizzels Love Hearts Giant Cherry & Orange Creamy Ice Lollies) : 22°C
  5. アイスランドのソロエキゾチックバーストロリー(Iceland’s Solo Exotic Burst Lollies) : 26°C
  6. スラッシュパピー オリジナルストロベリー&ブルーフュージョンロリー(Slush Puppie Original Strawberry and Blue Fusion Lollies) : 28°C
  7. アイスランドのストロベリー&バニラコーン(Iceland’s Strawberry & Vanilla Cones) : 28°C
  8. ベルギーミルクチョコレートマジェスティック(Belgian Milk Chocolate Majestics) : 30°C

日本では見かけないアイスばかりですが、似ているタイプは存在しているので、置き換えて考えると良いかもしれません。

実験の結果、チョコレートでコーティングされたアイスが一番溶けにくく、30℃を超える気温にも耐えられると分かりました。

これはチョコレートのコーティングが融点の低い内部のアイスクリームを保護するからだと考えられます。

「チョコレートコーティング」タイプや「コーン」タイプのアイスは溶けにくい
「チョコレートコーティング」タイプや「コーン」タイプのアイスは溶けにくい / Credit:Canva

次に溶けにくいのは、円錐型(コーン系)のアイスクリームであり、28℃の気温で40分間も溶けることがありませんでした。

こちらもコーンが熱を遮断するからだと考えられます。

一方、実験では①ヴィムト・ツイスト・ロリーが熱波に対して最も弱いという結果になりました。

これは、円柱型でなめらかな舌触りのアイスクリームです。

円柱型のアイスが一番溶けやすい
円柱型のアイスが一番溶けやすい / Credit:Canva

ブリード氏によると、「円柱型は体積に対する表面積の比率が高いため、すぐに溶けてしまう」ようです。

そしてこのような溶けやすいアイスを美味しく食べる方法について、「夏でも比較的涼しくなる日があるので、そんなときに楽しむのがベストです」と付け加えました。

また実験結果から、「アイスキャンディ」タイプも比較的早く溶けると分かりますね。

猛暑日にはあっさりとしたアイスキャンディを食べたくなるかもしれません。

しかし実はそんな日こそ、チョコレートでコーティングされた「PARM」や、コーン系の「ジャイアントコーン」などを選ぶと、手を汚さず、最後まで美味しく食べられるようです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

物理学のニュースphysics news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!