現代で核戦争が勃発したら人類はどうなる?
現代で核戦争が勃発したら人類はどうなる? / Credit: canva
society

2022.08.21 Sunday

現代で「核戦争」が起きたらどうなる?最新研究が被害をリアルシミュレーション! (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

宇宙を膨張させる未知のエネルギー「ダークエネルギー」をわかりやすく解説

前ページ米露の全面戦争で50億人が飢餓に見舞われる

<

1

2

>

核戦争後の数少ない楽園は「オーストラリア」?

研究チームは、核の被害を受けやすいのは北半球の中〜高緯度の国々で、煤による寒冷化の影響が強く、熱帯地域より劇的に冷え込むと予測しました。

たとえば、イギリスは、低緯度に位置するインドのような国よりも、入手可能な食料の減少がより顕著になるようです。

その一方で、中〜高緯度にあっても、フランスのように食料自給率が高い国であれば、貿易が停止した場合でも、自国民を養うための食料が十分に確保できるため、被害は少ないと見られます。

その場合、主要な作物は「小麦粉」になると予想されます。小麦は寒さに強く、寒冷な地域でも栽培可能だからです。

反対に、核戦争による被害が最も少ない国は、オーストラリアになると予測されました。

南半球に位置するオーストラリアは、煤による寒冷化の影響が比較的少なく、また食料自給率の非常に高い国です。

研究主任のリリィ・シア(Lili Xia)氏は「米ロ間で全面的な核戦争が勃発した場合、地球上のほぼすべての国が自国民を養えなくなる可能性がありますが、オーストラリア、ニュージーランド、南アメリカの一部地域は、被害を最小限に留められるでしょう」と述べています。

これを踏まえると、中緯度帯に位置し、食料自給率も低い日本の状況は、かなり絶望的でしょう。

終末世界で人類は最低何人が生き残れば存続できるのか?

同チームのディーパック・レイ(Deepak Ray)氏は、今回の研究について、「地域的な核戦争が、世界の食糧に与える影響を理解するための有益な一歩である」と話します。

現代における核の危機は、冷戦時代ほど深刻ではないかもしれませんが、核保有国はそれぞれ数百発単位の核兵器を持っており、米ロに至っては、両国合わせて1万2000発以上の核弾頭を保有しています。

もし、この状態で核戦争が勃発すれば、人類社会はガラガラと音を立てて崩れ、地球とともに長い長い暗黒時代へと突入するでしょう。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

社会のニュースsociety news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!