陽子に新たな素粒子が含まれている可能性が浮上!教科書も書き直し必須か?
陽子に新たな素粒子が含まれている可能性が浮上!教科書も書き直し必須か? / Credit: MIT Center for Art, Science & Technology . ナゾロジー編
physics

2022.08.20 Saturday

陽子に新たな素粒子が含まれている可能性が浮上!教科書に書き直し必須か? (3/3)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

宇宙を膨張させる未知のエネルギー「ダークエネルギー」をわかりやすく解説

前ページ陽子に含まれるチャームクォークは陽子よりも重い

<

1

2

3

>

人工知能が物理学を切り開く

人工知能が物理学を切り開く
人工知能が物理学を切り開く / Credit:Canva

今回の研究により、宇宙で最もありふれた存在である陽子にはチャームクォークと反チャームクォークが存在する可能性が、ニューラルネットを用いて示されました。

無数の異なる実験条件と観測結果を学習することでニューラルネットは、陽子の内部に内在的なチャームクォークがある場合とない場合では、ある場合のほうが妥当性が高いと判断したのです。

また分析結果をもとに結論の強固さを調べたところ、陽子に内在的なチャームクォークが存在する可能性は99.7%の確かさ(3σ)と算出されました。

類似の人工知能を用いた研究はヒッグス粒子の発見にも役立てられた業績があり、今後の物理学において人工知能による導きは重要となっていくでしょう。

ただ一般に物理学において新しい素粒子を発見したと表現できる基準は「99.9999%の確かさ(5σ)」とされています。

このため3σで確認された場合は、結果について「兆候が見られる」という表現に抑えられます。

研究者たちも、最終的な結論を出すには、より多くのデータが必要であると述べています。

しかし結論が正しければ、陽子が本質的に含んでいる素粒子として、新たにチャームクォークと反チャームクォークの存在が新たに教科書に書き加えられるでしょう。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

物理学のニュースphysics news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!