脳を目覚めさせるコーヒーの淹れ方とは?
脳を目覚めさせるコーヒーの淹れ方とは? / Credit:Canva
life

2022.09.12 Monday

「目覚めに最も効く」コーヒーの淹れ方とは? (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

ジャイアントインパクトの原因 「原始惑星テイア」は現在太平洋の下に埋もれている!?

前ページ最高のカフェイン濃度を誇るコーヒーとは?

<

1

2

>

「目覚めに効く最高の一杯」は水出しコーヒーだった

コーヒー一杯当たりのカフェイン含有量が最も多いのは、エスプレッソではなく、「水出しコーヒー」です。

水出しコーヒーは、冷水や常温水でじっくりと抽出したコーヒーでコールドブリューとも呼ばれます。

コールドブリュー
コールドブリュー / Credit:Canva

水出しコーヒー一杯(120ml)には、149mgものカフェインが含まれており、これは他の淹れ方と比較して1.5~2倍の含有量になります。

では、どうして水出しコーヒーには多くのカフェインが含まれているのでしょうか?

実は水出しコーヒーは、一杯分を用意するために、他の抽出方法よりも多くのコーヒー豆を使っているのです。

たくさんのコーヒー豆を使い、時間をかけて水出しする手法が、カフェイン量を高めていたのです。

ちなみに、「コーヒー豆1gあたり、どれだけのカフェインが得られるか」という抽出効率の観点では、淹れ方によって大きな違いはありません。

エスプレッソはコーヒー豆1gあたりカフェイン10.5mg、他のほとんどの方法はカフェイン9.7~10.2mgです。

唯一の例外はフレンチプレス(金属フィルターとポットが一体化した抽出器具を使用)であり、コーヒー豆1gあたりカフェイン6.9mgと、一番効率が悪くなります。

頭をスッキリさせたいなら「コールドブリュー」がおすすめ
頭をスッキリさせたいなら「コールドブリュー」がおすすめ / Credit:Canva

淹れ方によってコーヒー豆1粒から得られるカフェイン量は変わらないので、やはりたくさんの豆を使う水出しコーヒーこそが「目覚めに最高の一杯」だと言えますね。

どうしても頭が冴えないとき、また特に集中したい場面では、ぜひ水出しコーヒーを選んでみてください。

きっと、インスタントコーヒーやドリップコーヒーにはなかった「覚醒」が得られるでしょう。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

ライフスタイルのニュースlife news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!