左:2021年の7〜8月、右:2022年の7〜8月
左:2021年の7〜8月、右:2022年の7〜8月 / Credit: Copernicus EU(Twitter, 2022)
geoscience
Watch Europe dry up from SPACE: New satellite video reveals the progression of the continent’s worst drought in 500 years https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-11184357/Watch-Europe-dry-space-new-satellite-video.html Watch Europe dry up from space in a new satellite video https://www.space.com/satellite-video-europe-dries-up-summer-2022
Drought in Europe August 2022(PDF) https://edo.jrc.ec.europa.eu/documents/news/GDO-EDODroughtNews202208_Europe.pdf

2022.09.08 Thursday

「最悪の干ばつ」で緑が減っている!? ヨーロッパの衛星画像がすごい!

ヨーロッパは今、過去500年間で”最悪の干ばつ”に直面しています。

それを視覚的に証明する衛星映像が、欧州連合(EU)と欧州宇宙機関(ESA)の地球観測プログラム「コペルニクス計画」によって公開されました。

この映像は、2021年と2022年の7月1日〜8月31日におけるヨーロッパ全土を比較したものです。

その違いは一目瞭然で、2021年には青々としていた緑地が、2022年には乾燥した砂漠色の荒地に変わっています。

以下で、実際に見てみましょう。

1540年以来、「最悪の干ばつ」がヨーロッパ全土を直撃

こちらが、「Copernicus EU」の公式Twitter上に公開された比較映像です。

Copernicus EUは「2022年、#干ばつがヨーロッパ全土に影響を及ぼしている」とツイートしています。

この一連の映像は、地球観測衛星・センチネル(Sentinel)により撮影されたもので、2022年の夏に、イングランド南部からフランス北部、さらには東ヨーロッパまで、甚大な干ばつの被害が広がっていることがうかがえます。

欧州干ばつ観測所(EDO)が発表した報告書によると、今年8月初旬の時点で、ヨーロッパ全域の17%が、干ばつの深刻度を3段階で評価する指標のうち、最も高い「警戒(Alert)」に指定されました。

また、47%の地域が、2番目に深刻度の高い「警告(Warning)」に該当しています。

ヨーロッパでは、今年の5月以降、広範囲にまとまった雨が降っておらず、熱波が続いていました。

そして7月〜8月にかけて、深刻な干ばつが拡大と悪化の一途をたどり、各地で山火事の被害が多発。こうした影響は、西ヨーロッパ〜地中海地域では、11月頃まで続くと予想されています。

専門家によると、今夏のヨーロッパは、1540年にヨーロッパ大陸を襲った大干ばつ以来、最も乾燥した気候になったという。

さらに、この記録的な干ばつは、ヨーロッパの産業にも大きなダメージを与えることとなりました。

次ページ農業やエネルギー産業に大ダメージ!

<

1

2

>

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!