10日は中秋の名月
10日は中秋の名月 / Credit:canva
space
国立天文台 暦Wiki http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C3E6BDA9A4CECCBEB7EEA4C8A4CF2FCCBEB7EEC9ACA4BAA4B7A4E2CBFEB7EEA4CAA4E9A4BA.html#pdc17a0c 国立天文台 ほしぞら情報 中秋の名月(2022年9月) https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2022/09-topics02.html 偕楽園 https://ibaraki-kairakuen.jp/ 向島百花園 https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/032/detail/50996.html 竜眼寺 http://ryugenji.net/ Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E6%9C%88%E8%A6%8B%E6%B3%A5%E6%A3%92

2022.09.09 Friday

9月10日は中秋の名月! 「十五夜」お月見の雑学をお届け

まだ暑い日が続いていますが、夜になると虫の声が聴こえ、秋の気配を感じます。

そして秋といえばお月見。マクドナルドで「月見バーガー」が売り出されると、そういえば、もう秋で月見の季節だなと気づく人も多いのでは?

今年は、はやくも9月10日中秋の名月、十五夜の日です。

そこで今回は、十五夜の月の観測情報や、よりお月見を楽しむための雑学をお届けします。

2022年の十五夜の観測情報

今年の十五夜の月は満月

十五夜は、満の1日前の年と満月の年が大体半々くらいです。ときには2016年のように2日前なんて年も。

やはり、十五夜はまんまるの満月のほうが、なんだか嬉しいですよね。

十五夜は「陰暦15日の夕方に出る月」というのは決まっていますが、月の軌道が楕円形のため、新月から満月になるまでの日数はちょうど15日ではありません。その日数は13.9日から15.6日と大きく変化します。

また、月はたえず満ち欠けしています。カレンダーをめくったら数字が変わるように、日付が変わると同時に形が変わるわけではありません。そのため、日の区切りと月の見え方が一致しません。

以上のことから、十五夜は必ずしも満月にはならないんです。

十五夜の月はいつ見える?

9月10日の月の出は18時11分(東京都)。昇り始めの大きく見える満月を楽しみたい人は、19時頃までを狙いましょう。

2022年の中秋の名月の日の東京の星空
2022年の中秋の名月の日の東京の星空 / Credit: 国立天文台

21時頃には南東の空に高度30°ほどの見えやすい位置に昇ってきます。

このとき、月をはさんで右手には土星左手にはちょうど今見頃の木星が明るく輝いている様子も楽しめます。

今年の十三夜はいつ?

この10年ほどで、十五夜より一月ほどあとに訪れる十三夜も話題に出るようになってきました。

今年の十三夜は10月8日です。

昔は片方しか月見をしないのは「片見月」と言われ、縁起が悪いこととされていました。

それを口実として、2回目のデートの約束を取り付けるなんてこともできたんですけどね。

また、「十三夜は曇りなし」という言葉があり、晴れる傾向のため、十五夜の日が雨だった場合は十三夜の観月に挑戦してみてください。

次ページ十五夜の雑学

<

1

2

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!