獲物を狩る「Typhloesus wellsi」のイメージ
獲物を狩る「Typhloesus wellsi」のイメージ / Credit:Joschua Knüppe (Royal Ontario Museum)_Biology Letters(2022)
paleontology
Ancient ‘alien goldfish’ shot toothy ‘tongue’ out of its gut to catch prey https://www.livescience.com/alien-goldfish-typhloesus-an-early-mollusk
A possible home for a bizarre Carboniferous animal: is Typhloesus a pelagic gastropod? https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rsbl.2022.0179

2022.09.27 Tuesday

奇妙な舌を打ち出して獲物を捕食! 研究者がエイリアンのペットと呼ぶ3億年前の謎の生物「ティフロエスス」

1973年、3億年前の化石から不思議な生物「ティフロエスス(Typhloesus wellsi)」が発見されました。

ティフロエススは「エイリアン金魚」というあだ名で呼ばれており、長年謎に包まれていたようです。

ところがこの度、イギリス・ケンブリッジ大学(University of Cambridge)地球科学科に所属するコンウェイ・モリス氏ら研究チームが、「エイリアン金魚は軟体動物に近い存在だった」と報告。

保存状態の良いティフロエススの化石分析によって、お腹の中から飛び出す「舌のような器官」で獲物を捕まえていたと判明しました。

研究の詳細は、2022年9月21日付の科学誌『Biology Letters』に掲載されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

エイリアン金魚はお腹の中から飛び出す「歯舌」をもっていた

カタツムリ、イカ、タコなどの軟体動物の多くは、口の中に「歯舌(しぜつ)」と呼ばれる舌のように伸びる器官をもっています。

カタツムリが歯舌を使う様子
カタツムリが歯舌を使う様子 / Credit:Debivort(Wikipedia)_歯舌

歯舌の表面にはヤスリ状の「細かいギザギザ」があり、これはヒトの「歯」に該当する器官なのだとか。

軟体動物たちは、この歯舌を使って食物を削り取りながら食べるのです。

そしてモリス氏らの新しい研究では、石炭紀(3億5920万年前から2億9900万年前)に存在したとされる動物「ティフロエスス」が、歯舌のような器官をもっていたと判明しました。

ティフロエススが最初に発見されたのは1973年です。

ティフロエススは魚のような形をしていましたが、他の石炭紀の動物とはあまりにも異なっているので、科学者たちは長年不思議に思っていました。

そして2005年、モリス氏は当時発表した論文で、ティフロエススを「エイリアン金魚」と呼ぶことにしました。

ティフロエススが、「石炭紀に地球を訪れたエイリアンが置いて帰ったペット」と表現したくなるくらい、極めて奇妙で特異な存在だったからです。

もちろんモリス氏の冗談を本気で信じる人はいませんが、ティフロエススを知れば知るほど、その呼び名に納得できるでしょう。

そして今回モリス氏は、アメリカ・モンタナ州で発見された極めて保存状態の良いティフロエススの化石から、体内の構造をより詳しく解明できました。

ティフロエススは、最大9cmの魚のような柔らかい体をもっており、後部には推進するためのヒレがありました。

Typhloesus wellsiの歯舌の構造。歯舌は裏返って体内に収まっているが、捕食時に口から射出される
Typhloesus wellsiの歯舌の構造。歯舌は裏返って体内に収まっているが、捕食時に口から射出される / Credit:Joschua Knüppe (Royal Ontario Museum)_Biology Letters(2022)

また軟体動物の特徴である「歯舌」が体内の奥深くにあり、歯も「逆向き」でした。

つまり、普段は歯の付いた管が裏返った状態で体内に収まっており、獲物を捕まえるときは、一気に元に戻りながら口から射出される、というのです。

モリス氏は、この構造を「指の部分が裏返ったゴム手袋」に例えています。

裏返った手袋を元に戻すように、「エイリアン金魚」の歯舌が射出されていた
裏返った手袋を元に戻すように、「エイリアン金魚」の歯舌が射出されていた / Credit:お掃除セラピスト(YouTube)_ゴム手袋の裏返し方(2018)

手にはめたゴム手袋を外すと、指の部分だけが裏返った状態になるものです。

これを元に戻すとき、私たちは手袋に息を吹きかけたり、水を流し込んだりしますね。

同じように、ティフロエススの歯は裏返った状態から、勢いよく元に戻って口から発射されていたのです。

実際、化石のティフロエスス内部には捕食されたワームの残骸が残っていました。

この構造を知ると、「エイリアン金魚」というあだ名がいっそう適切なものに思えますね。

モリス氏ら研究チームは、ティフロエススが「軟体動物に近い存在」だと指摘していますが、「分類学上の位置づけは、まだ議論の余地がある」とも述べており、今後の調査と発見に期待をかけています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!