匂い、食べ物…「幸せな夢」を見るための11の行動。現実が夢の内容を変える

life 2018/06/02
Photo by Barbara Alçada on Unsplash

「夢の中」では、現実ではありえないことが起こります。いい夢だけではなく、悪夢に悩まされる人も多いでしょう。ハーバード・メディカルスクールのデアドラ・バレット博士は、「悪夢を作り出す原因は現実世界にある」として、「現実世界」と「夢」のつながりについて研究をおこなっています。

ここでは、あなたの「夢」に影響を与える11の事柄についてご紹介。今夜は「いい夢」をみてください。

 

1.香り

Credit: THINKSTOCK

ある研究が、睡眠サイクルの中で「花の香り」をかぐと、ポジティブな夢をみる傾向があることを明かしています。逆に「硫黄」のにおいをかいだ被験者は、ネガティブな夢をみる傾向にありました。専門家は、「夢には睡眠を維持する機能があります。香りの刺激によって目を覚ます代わりに、夢によってその刺激を消化しているのです」と語っています。

 

2.音

 

Credit: ISTOCK

炎上するビルに取り残されて「絶体絶命の夢」をみている途中に目を覚ますと、時計のアラームが激しくなっている。似たような経験がありませんか?バレット博士は、「睡眠中、音で簡単に起きても、音が全く聞こえなくても危険です。寝ている間にも少しは音が聞こえるようになっています」と述べ、音が夢に影響する仕組みを述べています。リラックス状態で入眠〜起床を迎えたければ、「波の音」のような穏やかな音が最適です。

 

3.スパイシーな食べ物

Credit: ISTOCK

これは「辛い」食べ物だけでなく、「消化に悪い」食べ物全般に言えることです。チーズや唐辛子、単に食べすぎてしまっても「悪夢」の原因になります。辛いものが大好きな人は、睡眠の2時間以上前に食事を済ませるようにしましょう。

 

4.うつ伏せに寝る

Credit: THINKSTOCK

ある研究が「寝るポジション」と「夢」の関係について明かしています。みだらな夢をよく見る人は、うつ伏せで寝ていませんか?研究により、うつ伏せ睡眠が「有名人とのセックス」など、エロティックなテーマの夢を導きやすいことがわかっています。睡眠ポジションによる呼吸パターンの変化が影響を与えているようです。

 

5.ビタミンB6

Credit: THINKSTOCK

ビタミンB6には夢をより鮮明にする力があります。以前当サイトでも紹介したように、それにより夢を「覚えやすく」もなります。

「夢」を覚えておくには「ビタミンB6」が効果的と判明

夢を覚えて「明晰夢」をマスターしたい人は、ビタミンB6のサプリメントを購入しましょう。

 

6.抗うつ剤

Credit: THINKSTOCK

心を落ち着かせるためにあるこの薬ですが、「悪夢」の発生に一役買っているようです。もし悪夢が続くようであれば、医者に相談してください。効果が変わらない別の薬を処方してくれるはずです。

 

7.禁煙

Credit: ISTOCK

長く続けてきた習慣は、夢に影響を与えるようです。禁煙者の63%が、禁煙から1年が経ってもいまだに喫煙している夢をみるとのこと。しかし、これは習慣の力だけではなく、ニコチン自体の効果でもあることを、ボストン大学のパトリック・マクナマラ博士が明かしています。彼は、「徐々にそのような夢をみなくなっていきます。耐え抜いてください。あなたの肺は健康を取り戻すことができます」として、禁煙者にアドバイスを送っています。

 

8.白黒テレビ

Credit: THINKSTOCK

イギリスの研究者たちが興味深い研究をおこなっています。彼らによれば、「白黒テレビ」の時代に生きた人の夢は「白黒」であることが多いとのこと。特に3-10歳のときに白黒テレビを観ていた世代の人にこの傾向が多くみられました。

 

9.空腹感

Credit: THINKSTOCK

厳しいダイエット中の人は、わかりやすく「おいしそうな食べ物」の夢を多くみて、そのことを覚えています。もちろん食欲のせいでもありますが、低い血糖値も要因の一つです。血糖値が低いと目を覚ましやすくなり、この浅い眠りにより夢を記憶しやすくなっているのです。

 

10.ホラー映画

Credit: THINKSTOCK

ホラー映画に限りませんが、寝る直前の情報は、夢に大きな影響を与えます。寝る前に観るホラー映画は、当然ながら悪夢の原因となります。音楽や本、パートナーとの会話も、夢を形作る要因です。幸せな夢をみたければ、眠りにつく直前には「楽しかった思い出」などハッピーな思考を巡らせるようにしましょう。

 

11.妊娠中、産後

Credit: THINKSTOCK

ある研究によれば、妊娠中、あるいは産後すぐの母親は、「赤ちゃんがいなくなる」といったような悪夢をみる傾向があることがわかっています。ホルモンの変化から感情が安定せず、それに睡眠不足が重なることが原因であるとされています。しかし、これは脳が環境の変化に対応しようとしている証拠でもあります。悪夢をみても取り乱さないようにしましょう。

 

via: womansday / translated & text by なかしー

 

関連記事

科学的に「明晰夢」をみるための最も効果的な方法が判明

夢と知りながらみる夢「明晰夢」がメンタルに良い効果があることがわかる

夢に「亡くなった人」が訪れるのはどういう意味?暗示するものと8の特徴

メジャーな悪夢の11の意味を「科学」「夢占い」両方から解説

SHARE

TAG

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE