DARTミッションの結果がついに判明!予想をはるかに上回る目標を達成
DARTミッションの結果がついに判明!予想をはるかに上回る目標を達成 / Credit: NASA/ESA/STScI/Hubble(2022)
space
NASA spaceship deflected asteroid in test to save Earth https://phys.org/news/2022-10-nasa-spaceship-deflected-asteroid-earth.html NASA Confirms DART Mission Impact Changed Asteroid’s Motion in Space https://www.nasa.gov/press-release/nasa-confirms-dart-mission-impact-changed-asteroid-s-motion-in-space

2022.10.13 Thursday

「地球防衛ミッションDART」の結果がついに判明!予想をはるかに上回る目標を達成

先日、史上初となる地球防衛ミッション「DART(二重小惑星方向転換試験:Double Asteroid Redirection Test)」が無事、成功裏に終わったことをお伝えしました。

ミッションチームは、地球から約1100万キロの距離にある小惑星に、見事、DART探査機を命中させることに成功しています。

しかし、それは当初の最終目標ではありません。

この計画の真の目的は、小惑星に探査機をぶつけることで、その軌道を変化させることでした。

その結果を知るには、数週間〜数カ月ほどかかると言われていましたが、アメリカ航空宇宙局(NASA)はこのほど、早くもその結果が判明したことを報告しています。

果たして、どれほどの成果が得られたのでしょうか?

ナゾロジーチャンネル動画公開中

終末世界:人類は最低何人いれば近親交配を避けて繁殖できるのか?

当初の予想を大幅に上回る成果が!

本ミッションのターゲットとなった小惑星「ディモルフォス(Dimorphos)」は、直径160メートル程のサイズで、直径780メートルの小惑星「ディディモス(65803 Didymos)」の周りを約11時間55分周期で公転していました。

ミッションチームの目標は、探査機の衝突により、このディモルフォスの公転周期を遅らせることにあります。

当初の計画では、約73秒遅らせることができれば成功とみなされ、その変化は最大で約10分に及ぶ可能性も指摘されていました。

しかし、9月26日の東部標準時午後7時14分(日本時間9月27日午前8時14分)のミッション実行から約2週間の追跡調査で、驚くべき結果が明らかになっています。

NASAの報告によると、約11時間55分の公転周期は、なんと11時間23分にまで短縮したことが判明したのです。

ディモルフォスの公転周期を32分も縮めたことは、当初の最低成功基準(73秒)を25倍以上も上回ったことを示し、さらに、最大予想の10分よりもはるかに大きな成果となりました。

こちらは、DART探査機がディモルフォスに衝突する瞬間を捉えた映像です。

NASAのビル・ネルソン(Bill Nelson)長官は「私たちは、このDARTミッションが地球を防衛する手段として有効であることを世界に示しました」と話します。

ディディモスとディモルフォスの二重小惑星は、地球に接近して衝突する可能性のある「潜在的に危険な小惑星(PHA:Potentially Hazardous Asteroid)」に分類されていますが、今のところ、その軌道が地球軌道と交差することはなく、実際的な脅威とはなっていません。

それでも今回の結果は、DARTミッションが、PHAの軌道をズラすことで、地球への衝突を防ぐ効果的な手段となりうることを実証しています。

さらにNASAは、10月8日にハッブル宇宙望遠鏡が撮影したディモルフォスの画像を新たに公開しました。

これは、ミッションから約285時間後のディモルフォスの様子で、衝突の影響により、その表面から破片が噴出して、彗星の尾のようなものを形成しているのがわかります。

ミッションから約285時間後のディモルフォス(撮影:ハッブル宇宙望遠鏡)
ミッションから約285時間後のディモルフォス(撮影:ハッブル宇宙望遠鏡) / Credit: NASA/ESA/STScI/Hubble(2022)

NASAによると、太陽系にある数十億個もの小惑星や彗星のうち、地球に危険を及ぼす可能性のあるものはほとんどなく、「少なくとも今後100年の間に地球への衝突イベントが起こることはない」と予想しています。

しかし、長い間待っていれば、その時は必ずやって来るでしょう。

実際、約6600万年前の白亜紀末に、巨大なチクシュルーブ隕石がメキシコ・ユカタン半島に衝突し、恐竜を含む全生物の75%を絶滅させました。

その来たるべき時までに、このDART技術をさらにブラッシュアップさせて、恐竜たちと同じ悲劇を繰り返さないようにしなければなりません。

ミッションチームは現在、衝突前にDART探査機から切り離された、イタリア宇宙機関(ASI)の小型探査機「LICIACube」による撮影を続けており、衝突後のディモルフォスの質量や形状を研究しています。

また、約4年後に計画されている、欧州宇宙機関(ESA)の「ヘラ(Hera)」プロジェクトにより、ディモルフォスの詳細な探査を行い、衝突後のクレーターや正確な質量を測定する予定です。

DART計画の詳細な説明はこちらから。

史上初の地球防衛ミッション「DART計画」がいよいよ来週に迫る!ライブ配信の視聴法は?

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!